【旅行者必見】LCCの機内持ち込み荷物にぴったりのスーツケースはこれ。

平日よりの使者@新宿バティオスに行ってきた

お笑い
スポンサーリンク

最近のこと

今日は10月27日。

10月27日は10月20日の1週間後にあたる。10月20日は10月13日の1週間後にあたる。

10月13日は内定先でプログラミング研修をやってめちゃくちゃダメ出しされた日。その後に激漫に行った日。

10月20日は内定を辞退するかどうかを内定先に相談に行ってさらに悩みが増えた日。

10月27日、つまり今日は特に何もやることが無かった日。

お笑いライブ

最近の金曜日は(というか毎日)吐き気がしてたけど、今日は珍しくリラックスして過ごすことが出来た。お昼からお笑いライブに行く心の余裕があったんだからほんとにそうだったんでしょう。

バティオスに来るのは久しぶりでした。いつも新宿でお笑いライブに行くときは「新宿バッシュ」か「V-1ハイジア」なので、間違えて今日もV-1に行ってしまいました(2回目)。

どうして全部「バ」とか「V」とか発音が似たような名前を付けるのでしょうか。差別化を図って勘違いで他の会場に行ってしまうことがないようにした方がいいと思います。

感想

目当てはブルーセレブ、マザーテラサワ、ホイップ坊や、トッキブツ(敬称略)で、途中から入ったけど全員の芸が見れたからひとまず満足でした。ひとまず、というのは殆どの人のネタを以前見たことがあったから。

あまり新しい感動はありませんでした。けどまあ安心して見れたから文句はないですが。

文句があるとすればお客さんの数が少なかったことと、みんな声を出して笑わないことでしょうか。ネタが面白くてもお客さんが少なければそのことによりネタの面白度合いが下がってどうしても場が白けてしまう感は否めません。

それを防ぐために袖や客席の後ろに芸人さんを配置して笑ってもらうというのは極めて合理的だと思います。周りが笑っていれば自然とネタも面白く映るというのは決して間違ったことではないですから。

ホイップさんのネタはかぶることが少ない気がします。ご本人が精力的に新作に専念しているのだろうと存じます。つまらないと思ったことは去年のピンフォール忘年会以来一度もありません。今日のネタもとってもクリエイティブで、笑うところ満載でした。

やっぱり自分は新しいものが見たいんだということを改めて思います。他の人のネタや、誰でも考え付きそうなもの(例えば学校を舞台にしたコント)は、クソ面白くない。小説とか映画とを見てても同じことを思うけど、現実で起こりそうなことをわざわざ舞台という非日常的な空間で披露したって何の感動も起きやしない。もっと想像力を使って欲しい。絶対に他の人じゃ思いつかないような奇想天外な世界観を見せてほしい。それか、もしありきたりなコントをやるんだとしてもそこに狂気を持ち込んで欲しい。そして我々が安住している世界が単なる可能性の1つであることを直接脳に届けて欲しい。

恐らく自分がお笑いライブに行く目的は自分が目当ての芸人さんのネタを見て笑うということもあるのでしょうが、それ以上に自分の目当ての芸人さんのネタを他の人も面白いと思って笑って欲しいという側面が強いということに最近気が付きました。でもこれは当たり前のことですね。

中MC左からリクロジー、ヨイヒメ、肉体戦士ギガ

中MCはつまらなかったですが、ギガのネタは結構面白かったです。

やはり週3回くらいお笑いライブに行けると心が豊かになるような気がします。本当は週5で行きたいけど。

 

コメント