内定者懇親1Get-together with colleagues

おはようございます。今は朝の七時半ぐらいです。快晴です。眠気もありません。朝から熱いシャワーを浴びました。こんなに清々しい朝を迎えるのは本当に久しぶりです。ただ頭がガンガン痛むこと以外には文句のつけようがない最高の朝を迎えました。

昨晩は19時半から内定者懇親会がありました。新宿の肉バルチーズフォンデュというところで、僕はてっきり肉がいっぱい出て来るのだろうとわくわくして朝から殆ど何も食べずに行きましたが、結果は普通の居酒屋で食べ物は殆ど出てきませんでした。なので元はとってやろうと思い(僕は一切払ってませんが)、アルコールを飲みまくりました。覚えているだけで

  • 生ビール1グラス
  • モスコミュール1グラス
  • 焼酎水割り 2グラス
  • 日本酒 3~4合
  • お冷 1グラス

を飲んで見事に酔っ払いました。家には難なく帰って来たのですがその時点で酔いがピークに達していたのかシャワーも浴びずにそのまま寝てしまいました。家に帰ってからつぶれるのは他人に迷惑は掛けないので問題はないですが、そもそもつぶれるまで飲むのは何も良いことが無いので控えた方がいいですね。

酒を飲む自分の傾向としてはやはりベースに「元を取らなくては」という意識があるので、懇親会がお開きになりそうになるとまだグラスに入っているアルコールを手当たり次第に飲んでしまいます。それまでも相当飲んでいてトイレに行くのも辛いのに、最後にたくさん飲んでしまうともう訳が分からなくなります。最終的には日本酒を空いているグラスに入れて水みたいに飲んでいました。

しかし習慣というか習性というか、どうやって新宿から阿佐ヶ谷まで帰るかということは無意識にしっかりと刷り込まれているらしく、迷うことなく、電車を乗り間違えることなく帰路につきました。

僕の同期の他の2人も相当飲んでいて、どちらも飲み会の席で既につぶれていました。彼らは無事家に帰れたのかどうかちょっと心配です。特に女の子はトイレで戻していたらしく、更に家が新宿から1時間以上かかるそうなので先輩社員が介抱していました。僕も他人のことは言えませんが、やはり限界は知っておくべきですね。

先輩社員は今年の新卒が2人と取締役の女性が1人というメンバーで、飲み会が始まった頃は内定者の方が緊張していて多少ギクシャクした雰囲気がありましたが、先輩社員が優しく接してくれたので、最初の料理が来る頃には全員仕上がっていて、グラス片手に皆気兼ねなく喋っていました。

取締役は用事があるみたいで途中で抜けましたが、残った5人で時間も忘れて飲み続け、最終的に店が閉まる23時まで飲んでいました。僕は学生なので平気ですが、明日も仕事があるはずなのにこんな時間まで付き合って頂いた先輩社員にはとても申し訳なく思います。

実は言うと元々この懇親会は僕の為に開いてくれたそうなのですが、それについてはまた次回書きます。

 

 

 

 

↓ここをポチッとすると良いことがあります↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ