【本と漫画が読み放題のKindleが初回30日間無料】
ロックダウンする前に買うべきもの・やるべきこと

新型コロナウイルスの影響で万が一首都圏がロックダウンしてしまった場合に備えて最低限買っておくべきものをまとめました

詳細はこちら
アマゾンのクーポン アマゾンタイムセール

【哲学問答】地獄に行く人は死んでいるのか生きているのか

哲学探究
読み放題ならkindle

アマゾンのkindleunlimitedならタブレットでもスマホでも本や漫画やガイドブックが読み放題。

おすすめの漫画はこちらで紹介しています。

今なら初回30日間無料キャンペーン中。

アマゾンでチェック

株式投資を始めるならネオモバ
1株から買えるネオモバなら500円で有名企業の株主になれます(体験談と運用実績はこちら)。
投資に使えるTポイントが毎月200ptもらえるのも魅力の1つ。
これから投資を始める人におすすめのアプリです。

「最近タイの地獄寺ツアーっていうのに参加したんだけどさ」

「うん。どうだった?」

「まあまあ楽しかったよ。地獄寺って自分で行くと結構大変だからツアーはありがたかった。普段は絶対に知り合えない人たちとも出会えたしね」

「そう。よかった」

「でもさ、地獄寺の地獄を見てて思ったんだけど、あそこで罰を受けている人たちってみんな一応死んでるんでしょ?」

「…そりゃあまあ地獄にいるわけだから死んでるはずだ。地獄っていうのは現世で罪を犯した人が死んだ後に罰を受けるところだからね。死んでなきゃ来れないさ」

「そんなことはわかってつもりだよ。でもさ、死んでるって言っても普通に身体はあるでしょ?」

「…まあそれはそうだろう。身体がなかったらそもそも罰なんて受けれるわけない」

「しかも身体だけじゃなくて現世の記憶だってそのままだろ?だって現世で悪いことをして、そのことを忘れているのに罰を受けてたらただの虐待だからね。「俺なんで地獄で罰を受けてるんだろ?」じゃ困っちゃう」

「…確かにそれもその通りだ。本人が自分の罪を忘れていたらそもそも罰になんてならない」

「じゃあさ、ああいう人たちって一度は死んだって言っても身体も記憶も死んだ前とそっくりそのまま同じってことにならない?」

「…確かに」

「じゃあ死んでないじゃん」

「…でも現世にはもういないんだからやはり死んでいるのだろう」

「じゃあつまり死ぬっていうのはこの世からあの世に行っちゃうことをいうわけ?」

「…まあそういうことになるな」

「でもそれじゃあ人は地獄で「生きている」ことになるよね」

「…..そうとも言える」

「一体、人はいつ本当に死ぬんだろうね」

「…….さあ」

関連記事:「日本で唯一のタイ地獄寺研究家と巡る地獄寺ツアー」に参加して来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました