【治験お役立ち情報】私が大学生に治験バイトをすすめる3つの理由

スポンサードサーチ

日本の大学生はバイト三昧

日本では9割以上の大学生がなんらかのアルバイトをしているとされています。

大学生がアルバイトをする理由は何よりも自分で遊ぶ為のお小遣いというのが一番多いと思いますが、中には自分で大学の授業料を払わなくてはいけない学生だったり、地方から上京して一人暮らしをしていて、生活費を自分で賄わなくてはいけない、という学生もいるかと思います。

大学生がアルバイトをする理由は様々であっても誰もがお金を必要としており、バイトの残業で課題が終わらず、寝不足で授業に出たり、授業に出たとしてもずっと寝ているなんていう学生も少なくありません。

こういう私も大学の時はバイト三昧でした。主に学費の為でしたが1年間休学して某大手宅配ピザチェーンでドライバーとして働いた経験もあります。

しかしバイトの時給は高くてもせいぜい1200〜1500円ほど。それに大学生は授業にも出なくてはいけないので毎月稼げる額はたかが知れています。

そこで私はそんな大学生諸君に、僕自身も何度も参加した「治験」というアルバイトをすすめたいと思います。むしろ大学生だからこそ「治験に参加すべきである」と強く主張したいです。

そもそも治験とは何か

そもそも治験って何?」という人にはぜひ私の他の投稿を読んで欲しいです。治験に関してかなり詳しく説明されています。

治験とは一言で言ってしまえば「被験者が新薬を飲み、薬が体内でどういった働きを見せるのかを観察するバイト」と言えます。

こう書いてしまうと「人体実験と変わらないじゃん」という思う人もいるかも知れませんが、治験と人体実験は「本人の意思が尊重されるかどうか」という点で決定的に違います。

また治験には稀に副作用が出ることがあったとしても、人体に悪影響が出るようなことは絶対にありません。

私はこれまで5回以上治験に参加し合計80万円近くの協力費を頂きましたが、一度軽い副作用が出ただけで、あとは何にも問題ありませんでした(しかもその治験は副作用が出やすいと前もって知らされており、協力費も高額でした)。

スポンサードサーチ

僕が大学生に治験バイトをすすめる3つの理由

それでは私が大学生に治験バイトをすすめる大きな3つの理由について書きます。

入院するだけでたくさん稼げる

なんといってもこれが1番の理由です。入院治験の場合は1日あたり平均で16000円から25000円の協力費がもらえます。

入院中は投薬日以外は特にしなければならないこともありません。ただベッドに横になって漫画を読んだりスマホをいじったり映画を見たりしているだけです。

机がある病院がほとんどなので、大学の課題をやったり資格勉強をしたりも出来るんです。

実際に1週間から3週間くらいの長期の入院治験に参加して、お金を稼ぎながら資格勉強をするというケースはそれほど珍しくありません。僕も治験に参加する度にそういう人をちらほら見かけます。

病院内は基本的に静かなので勉強するのには適していると言えます。

しかも朝昼晩の3食もしっかり出てくるんです。病院の出す食事なので栄養バランスが偏ることもありません。

下に詳しく書いてありますが、入院中はアマゾンプライムがおすすめです。今なら初回30日間無料キャンペーンをやっているので実質0円で映画も動画も見放題、本と漫画が読み放題、音楽も聴き放題です。

健康な体

治験に参加するためには何よりもまず健康体である必要があります。

治験に参加するには事前健康診断というステップがあり、ここで採血、血圧、心電図、BMI値などのデータを基に誰が被験者として相応しいのかを決めるのですが、健康であればあるほど被験者に選ばれやすいのはいうまでもありません。

そして一般的には年齢が若ければ若いほど健康であるのが当然です。治験は対象年齢が20~40といった風にある程度幅があるもの多いですが、40歳の被験者よりも、20歳の被験者の方が健康なのは自明ですよね。

そうなると治験を開催する病院だって若い方が被験者としていいデータが取れると考えてしまいます。

もちろん、事前健康診断の前日に脂っこい物を食べたり、アルコールを摂取してしまえばいくら年齢が若かったとしても被験者には選ばれないので注意しましょう。

長期の休みがある

残念ながら土日をまたぐ入院治験というのはあまりありません。どの治験も大体は平日か平日から休日にかけて実施されるものが多いです。つまり社会人になってからだと仕事をしながら治験に参加するのはとても難しいのです。

しかし大学生には夏休みや春休みという長期の休暇があります。多くの学生はその期間を利用してがっつりアルバイトで稼いだりすると思いますが、寧ろ長期の休みがあるからこそ治験に参加するべきなんです。

先ほども書きましたが治験は1日に平均で16000円以上の協力費が出ます。例えば1週間の入院治験は大体13万円、3週間の長期治験だと38万円程度の協力費が出るんです。

しかも入院中は他の人に迷惑をかけない限り何をしてもいいんです。勉強をしたり、ゴロゴロしたりなんでも出来ます。

大学生に治験バイトをすすめる理由まとめ

私が大学生にこそ治験バイトをすすめる大きな3つの理由を書いてみましたが、いかがでしたか?

大学生は毎日授業や課題があったり遊びに行ったり、色々と忙しいと思います。そういう時には長期の休みを利用してバイトでがっつり稼ぐことと思いますが、普段やっているバイトだけではなく、治験バイトに参加することも是非考えてみてください。

最初は色々と心配でちょっとためらうかと思いますが、一度参加してしまえば次からはリラックスして参加することが出来ますよ。

スポンサードサーチ

治験で入院中はアマゾンプライムを活用しよう

入院中は何かと制限がありストレスがたまりがちです。最初の数日はなんとかいけても、長期の入院となるとやることがなくなってきて困ってしまいます。

そんな時はアマゾンのプライムビデオがおすすめです。今なら初回30日間無料キャンペーンをやっています。つまり、入院前に登録して、退院してから退会すれば実質0円で映画や動画が見放題。

「私は読書派だ」という書生のあなたにはKindleunlimitedがおすすめです。月額980円で本と漫画が読み放題ですが、こちらも今だけ初回30日間無料キャンペーン中。

ちなみにおすすめの漫画は「新のぞき屋」です。kindleunlimitedなら無料で全巻読めます。他にも無料で読める漫画がたくさんあります。

さらにアマゾンミュージックなら100万曲以上の音楽がいつでもどこでも聴き放題。こちらも今だけ初回30日間無料キャンペーン中です。

これだけあれば長期の入院でも飽きることなく過ごすことが出来ます。

↓ここをポチッとすると良いことがあります↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ