【アマゾン】〜クーポンストアでもっとお得にお買い物〜
【UberEats】期間限定1000円割引プロモコード

初回注文の際にプロモーションコードeats-8o9jyaを入力すると合計額から1000円割引されます(期間限定なのでお早めに)。

ウーバーイーツで料理を注文

Nコン2006 中学校の部 銀賞 出雲三中 課題曲 「虹」by森山直太朗

音楽(music)

つい先日仕事がなくなり収入が半減から9割減になった。体調も芳しくない。めっきり視力が落ちたようにも思える。本当にお金に困っていると急に自分の身体が単なる付属品に思えるのはなぜだろうか。妙に重いのだこれが。俺の腕はいくらで売れるだろうか。

さて。こんな私だが最近は何故か合唱曲ばかり聴いている。いくつかお気に入りの曲があるのだが「虹」が良い曲なのでご紹介する。

スポンサーリンク

Nコン2006 中学校の部 銀賞 出雲三中 課題曲 「虹」

もう12年も前の映像である。ということはこの中学生たちは私よりも数学年年上なのだ。ということはもうすっかり成人している。2006年の時点では私よりも年上であった彼らも2018年の私からすれば年下である。当たり前だけれどこの時間感覚が僕には何か違和感がある。

森山直太朗が作詞作曲した曲として知られているが、実は他にも御徒町凧という作曲家・作詞家と信長貴富(合唱曲)が関わっているらしい。いずれにしろ素晴らしい曲。感動。

スポンサーリンク

CDでは分からない一体感

合唱を見てて胸打たれるのは何よりも一体感だと思う。コーラスのハーモニーの美しさとかメロディーの美しさとかは当然そうだけれど、一人一人が各々歌詞とメロディーに気持ちを合わせて好きなように身体を動かしながら歌いつつ、しかし全体としては確かな一体感がある。これはいくらCDを聴いたって分からない。

これはひとえに指揮者の存在にある。皆別々に身体を動かしていても、全員が指揮者の動きに合わせるから一つのダイナミズムは常に保たれる。

昔は指揮者が存在している理由もよく分からなかったし、自分が歌う時も指揮者に合わせてというよりは同じパートの人に合わせていたので指揮者なんてそれほど意識はしていなかった。ただ歌いおくれないようにすれば、あとは自分の好きなように歌っていた。

でも向こうから見ている観客や指揮者からすれば一人だけ身体の動きが合っていないことはすぐに気付いたのかもしれない。全体が身体を前後させている時に身体を左右に揺らしていればバレバレだ。そう考えるとちょっと羞恥心が込み上げてくる。

スポンサーリンク

「虹」歌詞

広がる空に僕は今 思い馳せ

肌のぬくもりと汚れたスニーカー

ただ 雲は流れ

 

きらめく日々に君はまた 指を立て

波のさざめきと うらぶれた言葉

遠い 空を探した

喜びと悲しみの間に

束の間というときがあり

色のない世界 不確かな物を

壊れないように 隠し持ってる

 

僕らの出会いを誰かが 別れと呼んだ

雨上がりの坂道

僕らの別れを誰かが 出会いと呼んだ

時は過ぎいつか知らない町で

君のことを 想っている

 

風になった日々の空白を

空々しい歌に乗せて

未来を目指した旅人は笑う

アスファルトに芽吹く ヒナゲシのように

 

僕らの喜びを誰かが 悲しみと呼んだ

僕らの悲しみを誰かが 喜びと呼んだ

明日へと続く不安げな空に

色鮮やかな 虹がかかっている

僕らの出会いを誰かが 別れと呼んでも

いたずらに時は 流れていった

君と僕に 光を残して

コメント