【旅行者必見】LCCの機内持ち込み荷物にぴったりのスーツケースはこれ。

【チャイナタウン】1泊1000円で泊まれる超おすすめのホステルを紹介。

チャイナタウン

どうも、僕です。

このセリフも最近飽きてきたのでそろそろ他のを使おうかなと思ってはいるのですが、これ以外に何も思い付かないので当分はこれでいきます。

良いのがあれば教えて欲しいです。

さて、僕は現在現実から逃げる為にバンコクのチャイナタウンに潜伏しているのですが、今泊まっているホテルがとても素晴らしいので紹介したいと思います。

僕が泊まったドミトリーは1泊なんと1150円で朝食付きという天国のようなホテルでした。

チャイナタウンで安く、安全に泊まれるホテル・ホステルを探している人は絶対にこの場所に泊まることをオススメします。

スポンサーリンク

Norn Yaowarat Hotel in ChinaTown

Norn Yaowarat Hotel(ノルン・ヤオワラートホテル)はチャイナタウンのど真ん中にあります。

このホテルが立つ通りはPadung Dao Seafood Stallsという海鮮物が食べられるレストランや屋台がたくさん立ち並んでいます。

こちらは公式ウェブサイトになります。

ホテルの内部

一階(ロビー・フロント)

正面の入り口から中に入るとロビーになります。

ビリヤード台(有料)があり、その先にフロントがあります。

左側には併設されたカフェもあります。

チャイナタウン周辺の観光名所などが壁一面に描かれています。

行くところのアバウトな位置を把握するのに大変役に立ちます。

二階(共用スペース)

チェックインを済ませ、フロントの奥にある扉から二階に上がります。

途中で靴からサンダルに履き替えるスペースがあります。

上から見るとこんな感じです。このホテルは広々としています。

シンデレラが毎日掃除しているのでサンダルは常に清潔なんです。

共用スペース

靴を履き替えた後は共用スペースに入ることが出来ます。

ここはくつろいだり、ボードゲームをしたり、朝食バイキングを食べたりする場所でもあります。

ちなみにドリアンを持って立ち入ることは出来ません。

臭いからです。

天井が高く、奥行きがあります。

左に見える潰れたお城は子ども遊ぶスペースです。

相当奥までありそうですが実際は鏡張りになっています。

近づかないと全然わかりません。

右側にキッチンもあります。

夜中にコンビニ行くのは面倒なのでこれが結構嬉しいんです。

朝食のバイキングです。

コーヒー、紅茶など。

朝食の様子です。

サラダを食べました。レタス大きすぎて食べづらかったですが、ドレッシングが美味しかったです。

ゆったりくつろげます。

3階・4階(部屋・シャワールーム)

3階と4階は客室となっています。

ファミリー、デラックス、ロフト、ドミトリーなど色々な種類の部屋が用意されています。

僕が泊まったのは14人の相部屋なのでそこの写真だけお見せします。

14人と言われればとても狭いイメージがあるかもしれませんが、部屋自体が大きいので問題ありません。

ここが僕が泊まった部屋です。1泊1150円の部屋です。

嘘ではありません。

カードキーで開けます。

こういう公園の遊具にありそうな二段ベッドユニットが7つ並んでいます。

秘密基地みたいで僕はワクワクします。

奥行きもありそれぞれのベッドの間にも余裕があります。

上のベッドはこんな感じです。

横に空いた無数の穴から外を覗くことが出来ます。

これは僕のベッドです。

ミネラルウォーターとバスタオルが支給されます。

枕元はこんな感じ。コンセントが一つしかないのがやや残念です。

上部には収納スペースがあります。これは嬉しい。

ベッドの下にも大きな収納スペースがあります。南京錠は自分で用意する必要があります。

他の部屋

他にも

などがありました。内部が気になる方は公式ウェブサイトから見て下さい。

セキュリティー面

ホテルの内部には至る所に監視カメラが設置してあります。

また夜になると警備員が入り口に常駐しているので、宿泊客以外の人間が入って来ることもありません。

部屋に入るのにもカードキーが必要ですから、セキュリティー面では何も心配はいりません。

トイレ・シャワールーム

右側がシャワールーム、左側がトイレになります。かなり綺麗です。

壁に特殊なモルタルが塗ってあるみたいですべすべしています。

シャワールームの中にはフックタオルや着替えを置くスペースがあります。

これってシャワーを浴びる時にすごく便利なんですよね。

というか、これが無いとどこに服を置いていいのか分かんないですよね。

泊まる側の気持ちになってホテルを運営している証拠です。

ご覧のようにドライヤーも設置してあります。

奥には洗面台があります。

ここにもコンタクトや歯磨き粉を置ける台が設置してあります。

なんて気がきくんだろうです。

トイレは毎日きちんと掃除され、備品も補充されているようです。素晴らしい。

まとめ

たった1000でこのクオリティーのホテルに泊まれるなんて信じられないでしょう。

ホテルの周辺には安くて美味しい屋台もたくさんあるし、生活保護者の天国ですね

まあ上に書いたのは冗談ですが、もしチャイナタウン周辺で安くて快適なホテルを探しているようだったら、このホテルに泊まってみるのもありでしょう。

チャイナタウン自体はそれほど観光する場所が多い訳ではありませんが、ここからMRTでスクンビット方面に戻ったりするのも案外面倒なので、遠出をしたついでにせっかくだから1泊くらいしてみてはどうでしょうか?

コメント