Kindleなら本も漫画も読み放題【30日間無料体験】
アマゾンのクーポン 古本屋「ココネ書房」

田浦大作町の奥地を探索〜昔のトンネル(隧道)を発見

日常的なこと(dairy-life)

どうも。

ゴールデンウィークだというのに風邪を引いてしまいました。

ゴールデンウィーク中は特にどこかに行く予定はなく、家でハリーポッターシリーズを全て観ようと思っていたので、風邪を引いたってどうってことはないのですが、やはり喉が痛いと気分が下がります。

という訳で、私は実家にいたのですがこんなに天気が良いのにずっとハリポタ観てるのもなんだか癪に障ったので、数年ぶりに自分が通っていた小学校の辺りを散策することにしました。

スポンサーリンク

田浦大作町

これがバイクで探索したルートです。

16号の入り口から一番奥まで1.5キロもあったみたいです。

かなり道が狭いのでバイクで走っているともっと近い感覚でしたが。田浦梅の里もすぐ近くです。

PCXで行きました。やっぱりスクーターは楽です。正面に見える橋は横浜横須賀道路です。 住宅地を通り過ぎると舗装されていない道が現れます。ここが行き止まりらしいです。
「小鳥たちのやすらぎの場所」らしいです。小鳥たちにやすらぎなんか必要ありません。「やすらぎ」は人間が作り出した概念です。
横横を下から見上げます。蔦の絡まり具合がクールです。別アングルから。 舗装されていない道を進むと、とうとう草むらにたどり着いてしまいました。 こんな感じです。草むらです。 「送水管路一号トンネル」。この中に入って探検したい好奇心はありましたが、政権を敵に回したくないのでやっぱ諦めました。

こちらにもこう一つ。こちらは第二です。 ここから先も進めることは進めますが、何にもロマンがなさそうなのでやめときました。 膝上15センチくらいまで生い茂る雑草。 第一トンネルの前には何やら捕獲用の仕掛けが設置してありました。 良く見えませんでしたが、ツチノコだったら良いです。でも多分イノシシ。

created by Rinker
¥6,330 (2019/10/22 10:56:02時点 Amazon調べ-詳細)

帰り道。ここは「田浦梅の里」へと通じています。昔はよく行きました。
立派な邸宅ですが誰も住んでいないようでした。またしても侵入したい欲望に駆られましたが、政権を敵に回したくないのでやめておきます。

【閲覧注意】現代のゴーストタウン「田浦廃村」が立ち入り禁止になった理由と経緯

created by Rinker
KADOKAWA
¥2,090 (2019/10/22 10:56:03時点 Amazon調べ-詳細)

ナンバープレートがない車たち。これから売りに出されるのでしょうかね。

この後に白赤稲荷神社にも行ってきました。

コメント

本と漫画が読み放題のkindleunlimitedが初回30日間無料

本も漫画も読み放題のkindleunlimited。

タブレットでもスマホでも読めます。

タイのガイドブックも無料で読めるものがたくさん。

今なら初回30日間無料キャンペーンやってます。

タイトルとURLをコピーしました