【旅行者必見】LCCの機内持ち込み荷物にぴったりのスーツケースはこれ。

歌舞伎町にある「名前の無い寿司屋Sushi bar with no name」

珍スポット・B級スポット

今日約1年3か月振りにタイの友人と会いました。インスタグラムを通じて近況は全て把握していましたが、案の定元気でした。

彼女と始めて会ったのはバンコクにあるとあるゲストハウスなのですが、もう3年以上前になります。ということは自分が二十歳の時ということになります。信じられないくらい前のことに感じます。自分に二十歳の時があったということが疑わしいです。体感としては30代後半になったような心地がする今日この頃だからでしょうか。

彼女はその時ゲストハウスでアルバイトとして働いていて、僕はその時は彼女が日本語を大学で勉強していることなんて全く知りませんでした。

確かカオサンロードまでの行き方を聞いたような覚えがありますが、その時も英語で対応してくれたような気がします。その後で僕にラインをくれたのでそこから付き合いが始まりました。

日本語が出来るということを知ったのはその時でした。タイ語に英語に日本も話せるなんて凄いですよね。今更ながら羨ましいです。

僕がタイに行った時は現地を案内してくれて、彼女が日本に来た時は僕が面白いところを案内するという関係ですが、毎回連絡をくれるなんて良い奴だなあと常々思います。

その彼女と今日は新宿で会ったのですが、彼女は日本語がペラペラなので僕は一切英語を話さずに済みました。本当は最近英語を話す機会がなかったのでせっかくだから英語で話そうとも思いましたがやめました。やっぱり母国語で喋った方が気楽に色々なことが話せるんですよね。

新宿のALTA前で待ち合わせをしたのですが、僕が遅れそうになったので5時半の予定を7時に変更してもらいました。そして会うやいないや

しらす丼が食べたい!!

と言い出すので仕方なく歌舞伎町をうろちょろしていたのですが、磯丸水産くらいしかしらす丼が食べられる場所を知らないのでそこにしようかと思っていた時に

Me
Oh,I forgot about it!

となりまして歌舞伎町に面白い寿司屋があるのを思い出しました。

すし一貫10円。その名も「名前の無い寿司屋」(なんのこっちゃ)

実際に今日一貫10円だったのは小肌だけだったのですが凄く美味しかったです。その他にもリーズナブルな価格設定がされており、外人のお客さんもよく来店するようです。

店内の写真は撮り忘れました。店内は結構狭くて7、8人入ればもう限界

しらす丼はなかったけどしらす軍艦があったのでタイの友人はそれで満足していました。

歌舞伎町に行った時はぜひ寄ってみましょう。

<Sushi Bar with No Name>

ゴジラ

プレゼントもらいました

コメント