【7月15/16日は年に一度のアマゾンプライムデー】特大タイムセール&最大5000ポイント還元

アメリカントイ(American toy)の宝庫T3-TOYS@阿佐ヶ谷

珍スポなど(chin-spot,B-class spot)

こんにちは。最近「インド文化と宗教」ゼミで他の学生の英文朗読にイライラしている僕です。

どうして抑揚とか強弱を付けずに「ソーラッジュセッダドトゥーザドライバーザットヒーウッドノトカムホムトナイト(So Raju said to the driver that he would not come home tonight)…..」みたいに読むんでしょうかね。単語と単語の間が無ければ何言ってるか全然分かりません。日本語でもそれぞれの単語がくっついてたら何を言ってるのか分からないでしょう。もしかしたら一人でお経を読む練習でもしれるのかも知れませんね。

そういえば今日はゼミ生のみんなで大学の近くのインド料理でお昼ご飯を食べる予定だったのですが、僕は見事に寝過ごしてすっぽかしました。前日は4時間の睡眠しか出来ずに雨の中を10キロほど歩いたりしてたのでさすがに起きるのが辛くてつい二度寝してしまいました。一人で2000円分くらい注文したり、まだ授業があるのにビールを頼んだ奴がいたり(先生です)、僕も行きたかったなあと今さら二度寝したのを後悔しています。朝時間通りに起きれないというだけで人生の結構な部分で損をしているような気がするので、これからは気を付けようと思います。

さてそんな今日10月30日は久しぶりの晴天となりお出かけ日和だったので、普段から僕が入り浸っている野方にある駄民具のダミラさんから教えてもらったT3-TOYSに行ってみることにしました。

スポンサーリンク

T3-TOYSへ行ってみる

インド文化ゼミが終り家に帰って来てキノコのバター炒めを食べてから、さてT3-TOYSに行こうかと思ったら意外とご近所だったのでびっくりしました(大体歩いて10分くらい。)

アクセスマップ。分かりやすいような分かりにくいような。

阿佐ヶ谷アニメストリートの前の通りを北西に進みます。右を見ても左を見ても豪邸ばかりで駐車場にはベンツやバカでかい車が並んでました。こんなところを歩いていると場違いな気がして速足が更に速足になります。

更に進むと馬橋稲荷神社が見えてきました。阿佐ヶ谷に移って半年だけど初めて来ました。

非常にフォトジェニックだけどカメラマンがクズなので

神社を左手に見ながら更に進むとちょうど突き当たりに派手な赤いワゴンRが現れました。もしやと思い近づいたところ案の定それがT3-TOYSでした。

入口がワゴンRでふさがれていたので横から。住宅街に何となく馴染めてないような気がします

店に無事着いたのはいいものの中の様子が全然見えないので入っていいのかどうか分からず、数分間店の横で逡巡していると、どこからか赤いニット帽を被った男性が現れ躊躇なく店の中に入っていきました。もしやと思い恐る恐る店の中へ入ると案の定この男性が店主でした。ていうか店には誰もいませんでした。

スポンサーリンク

店内風景

奥の赤いニット帽を被っているのが店主です。中へ入ると店主の方がとても嬉しそうに「いらっしゃいませ!」と声をかけてくれました。

店内はそれほど大きくないのですが、至る所におもちゃが置かれているので更に狭く感じました。カバンを背負っている場合はいきなり振り返ってはいけません。必ず何かに当たります。

店主の方は僕を完全にアメリカントイファンだと思っていたらしく、僕に何を探しているのか積極的に聞いてきましたがただの物好きだと分かると少しがっかりしていました。しかし、僕がダミラさんの紹介で来たと言うと再び元気になり、お店を始めた経緯などの話をしてくれました。

お店をこんな住宅街に出した理由は一つで初期費用が安かったことだそうです。高円寺付近で借りようとすると100万くらいかかるそうなのですが、ここでは20万円ほどでお店を始めることが出来たそうです。なるほど。納得です。確かに僕も引っ越しの際に一番気にしていたのが初期費用です。初期費用が安い物件を求めて1か月くらいホームズを見てました(因みに最終的には初期費用16万円のアパートを見つけました。)

しかし初期費用が安かったのは良いですが立地からしてあまりお客さんが来ず、いつも閑古鳥が鳴いているそうです。

スポンサーリンク

商品紹介

店主の方に写真を撮ってもいいかと尋ねると快くオーケーしてくれたので色々と写真を取りました。僕はアメリカントイには全く興味も知識もありませんが、面白いと思ったものを幾つかピックアップしてみます。

ブートレグゴジラ(bootleg godzzila)

なんかちょっと違う

マッチョすぎない?

良い箱

卓上ランプ。ミッキーが後ろで手を振ってる。

それなりのマニアじゃなければ見たこともないおもちゃが多いですね。僕自身も7割くらいは全く分かりません。でもヴィンテージ品みたいな年代物はジャンルを問わずに好きなので思わず手に取ってしまいました。

スポンサーリンク

帰り際に

世間話をしたり店内を物色したりしていたらいつの間にか30分以上経っていました。この日は19時から阿佐ヶ谷アートスペースプロットで笑いの現象学66時間目があったので、そろそろ一番安いものを1個買って帰ろうと思ったところで財布の中に11円しか入っていないことに気が付きました。そういえば最近は金欠が激しく他人に奢ってもらってばかりでした。

証拠写真

あの….すいません。今11円しかないっす

と正直に言うと店主の方は

店主
えっ、そうなの?じゃあこれ持って行きなよ!

と言ってこれをくれました。

遊戯王

そうです。アメリカ限定の遊戯王(Yu-Gi-Oh!)バッチです。こんな貴重なものを僕にくれるなんて、なんて優しい方なんだろうと感動しました。今度店に来る時はピアスにして耳に着けて来ようと思います。

スポンサーリンク

アクセス

コメント