〜2019年アマゾン㊙︎欲しいものリスト公開中〜
【UberEats】期間限定1000円割引プロモコード

初回注文の際にプロモーションコードeats-8o9jyaを入力すると合計額から1000円割引されます(期間限定なのでお早めに)。

ウーバーイーツで料理を注文

【東京別視点】鉄人トラベルナイト at 東京カルチャーカルチャー2018/10/5

東京の珍スポット

もう一週間も前の事ですが、先週の金曜日に合同会社別視点が主催するイベント「鉄人トラベルナイト」に行ってきました。

金曜日の20時開演22時終演予定という事で、終電が無くなるのではないかと危惧しており、実は前日まで行くかどうか迷ってました。

しかも会場は私が全然好きになれない街渋谷ということでかなり億劫でした。渋谷よりは新宿派なのです。

しかし先日の別視点合同会社設立パーティーが楽しかったことを思い出して自分を鼓舞し、ギリギリになってチケットを予約しました。

スポンサーリンク

東京カルチャーカルチャー

会場は東京カルチャーカルチャーという場所でした。

昔ネイキッドロフトでバイトしていた時に私もこれを描きました。

東京カルチャーカルチャーにはこれ前行ったことがなかったので勝手にロフトプラスワンのような狭くてアングラな雰囲気漂う異空間を予想していたのですが、想像以上に広くて洗練されていて、税金をいっぱい納めてベンツを指先で乗り回しているような人が来るようなイベントスペースだったので驚きました。これが渋谷か。

テーブルも椅子も多分北欧とか寒い国から輸入したものっぽいです(かなり適当です)。

別視点のスタンプカードをもらいました。実は前回の大宴会の時ももらったのですが持って帰るのを忘れてしまったのです。

この番号札は最後のクイズで使用するということでしたが、私は9時半過ぎに戦線離脱したので参加することができませんでした。

スポンサーリンク

鉄人トラベルナイト開演

8時を少し前くらいに別視点の二人が壇上に現れました。

お二人ともイベントはもう慣れっこという感じでした。

スポンサーリンク

出演者

開演の挨拶の後、プロレスラーの入場曲みたいのが流れ始め続々と出演者が登場しました。

みなさん何故か腕を組んでいらっしゃいました。

一人だけとても派手な方がいます。あの人は絶対にギャンブラーです。

塩谷歩波【銭湯旅の鉄人】

塩谷さんは高円寺にある銭湯「小杉湯」で番頭を務める傍ら、イラストレーターとしても活動しているとか。

早稲田の建築学科と聞いて思い浮かぶのはタモリ倶楽部の「役に立たない機械」品評会です。

タモリ倶楽部 2015年7月10日 150710 早稲田の英知がまたまた集結!役に立たない機械2015

さすがイラストレーターです。なぜこんな細かいイラストが描けるのか犬の絵も描けない私にとっては理解できません。

現在は銭湯マニアとして国外各地の銭湯を巡りあるいているんんだとか。

この月の表面のような写真はスウェーデンだがノルウェーだかチェコだかハンガリーだかの温泉地を巡った時に出会ったとか。白いのは雪だそうです。

大畠順子【離島ひとり旅の鉄人】

大畠さんは2011年(平成23年)ごろから離島のひとり旅を始め、これまでに40以上の離島を旅したとか。普段はラジオ局に勤務しているということです。TBSラジオでしょうか。

とても内容てんこ盛りだったのですが持ち時間が10分ということだったのでかなりスピードで話して今いました。

これは日本にある「島」の数だそうです。ちなみに「島」の条件は海岸線の長さが100m以上だとか。世界的には大陸であるオーストラリアよりも小さいのが島と呼ばれるそうです。

これは日本にある「無人島」の数だそうです。しかし、非公式に人が住んでいるケースがあり、過去には指名手配犯が逃亡中に無人島に潜伏していたということもあったとか。

プロギャンブラーのぶき 【ギャンブル旅の鉄人】

続いてはプロギャンブラーとして生計を立てているのぶきさん。いきなり立ち上がり会場の空気をガラリと変えます。

元々は学生時代に行ったラスベガスのカジノがきっかけとなり、それ以降独学でギャンブル関連の洋書400冊読破し、年間勝率が9割を超えてしまったそうです。

現在も世界中を旅をしながら日々カジノに通い詰めているとか。見た目的に年収がエグそうですが誰も質問していませんでした。

というか他の4人と鉄人の系統が少し違っていました。でもこういう生き方をしている人から実際に話を聞くのは大変貴重なことだったのでよかったです。

西谷格【中国バイト旅の鉄人】

続いては中国バイトの鉄人、西谷さん。

肩書きの通り、過去6年間に渡り中国で潜入バイトをしていたルポライターです。

これまで潜入取材したバイトは寿司屋さん、反日ドラマのエキストラ、パクリ遊園地スタッフ、ホストクラブなど多岐に渡ります。

これはお寿司屋さんらしいのですが掃除が楽という理由で床で魚をさばいています。直接床ではなくても割と嫌です。

こちらは反日ドラマのエキストラとして参加した時のロケセットの写真。反日ドラマの監督は意外と親日なんだとか。

向こうの人が作ったであろうちょっとおかしい日本語の看板です。戦前の陸軍が書いた日本語とは思えないユルさです。

こちらは向こうにあるディズニーランド風?なテーマパーク。

私はいったことがないのですがUSJっぽいです。

どっかで見たことのある小人。

足が細すぎる。

やっぱりいました。

同僚のおばちゃん。

天谷窓大【エクストリーム出社の鉄人】

最後はエクストリーム出社の達人の天谷さん。

まずはエクストリーム出社の説明から。例えば、自宅がある綾瀬から会社がある新木場に行く途中で

湘南に立ち寄ってスイカ割りをする、これがエクストリーム出社です。

他にも通勤途中に24時間営業の焼肉屋に行ったり

なぜか箱根まで遠出してみたり

相模原の「マッスルモンスター」で遊んだり

なぜか神奈川から新幹線で静岡に行き、すぐに東京まで戻ってくるというエクストリーム出社も。一体何時起きなんだ。

エクストリーム出社は一見何の意味も無さそうですが、意外と合理性があるのかも。

朝起きてから身体が目覚めていない状態ですぐに会社に行っても、パフォーマンスは上がりません。出社前になんらかのエクストリーム(非日常)を挟むことでアドレナリンを出し、その状態で仕事をした方が能率は上がるのかもしれません。

また、エクストリーム出社の為に早寝早起きするようになり、生活習慣が改善されるというメリットもありそうです。

でも毎回遠くに行ってたら結構な交通費がかかってしまいそうです。週一くらいがいいのかな。

なぜかのぼりもありました。

スポンサーリンク

終電と遅延を恐れ、早々と離脱してしまいクイズには参加することが出来ませんでしたが、それでも5人の鉄人の濃いお話が聞けて非常に満足したまま会場を離れました。

今回は開演が20時と少し遅めだったので次回はもう少し早めの開演だったら嬉しいです。

また各出演者の持ち時間が10分ではあまりに鉄人にとってはあまりに短すぎだとも感じました。次回は是非オールナイトで一人一人好きなだけ満足が行くまで話す(もしくは審査員がダメっていうまで話す)みたいなぶっ飛んだイベントがあれば面白いかなと思いました。

コメント