【必見】Amazonでお得に買い物して1000ポイントもらう方法

【普通の休日】山中湖で人生初の水陸両用バス「KABA」に乗る

日常的なこと(dairy-life)

先日山中湖に行った時に人生初の水陸両用バスなるものに乗った。

スポンサーリンク

きっかけ

水陸両用バスに乗りたいという気持ちが芽生えたのは意外にも最近のことで、8月に参加した東京お散歩教室という散歩サークルでみなとみらいに行った際に水陸両用バスを見たのがきっかけだ(と思う)。

その時に見た水陸両用バスがこちら。

確かに水の中を進んでいる。

映画とかではよく目にするが実際にはどんなものなのかがとても気になっていた。特に陸から海に入ると時と海から陸に上がる時は一体どういう感覚なのか。

スポンサーリンク

山中湖のKABA

そんな折、先日たまたま山中湖に行く機会があり、どこを観光しようかとネットでサーフィンしていると「山中湖のKABA」という水陸両用バスがあることを知った。

山中湖のKABA

願ったり叶ったりである。大人は一人2200円と少し高めだが山中湖なんて次いつ来るかもわからないので思い切って予約してみた。

バスターミナル

KABAのバスターミナルはここにある。山中湖は車がないと移動しづらい。

予めネットか電話で予約してから当日チケットを発券するスタイル。

フードコートもある。何も食べてないけど美味しそうだった。

KABAの乗り場

バスターミナルには「KABA」専用のスペース。

確かに水陸両用っぽい。車高が異様にある。

ちゃんとナンバープレートも付いている。なんでも最高時速は100キロで高速も走れるらしい。

どっちかがアメリカ製でどっちかが日本製だという話だった。ちなみに一台1億円らしい。

船の先端っぽい。

バスの内部

バスの中はこんな感じ。天井が高い。

シートにはカバのイラストが描かれている。遠目からはイモムシに見えなくもない。

運転席がとても興味深かった。

モニターがたくさん付いている。あと謎のメーターがちらほら。左の方には水面を進むためのレバーのようなものも。水陸両用バスの免許って一体なんなんだろう。

出発・入水

バスはまず森の中を走る。ここら辺は普通のバスと同じなので何も面白みがない。

そして5分ほど道草を食ったのち、ようやく湖へ入っていく。

湖の中へ入っていく瞬間。入水がスムーズ過ぎて驚きはない。ディズニーランドのスプラッシュマウンテンみたいな水しぶきを期待していたのでちょっとがっかりである。

湖の上を進みながらバスガイドさんがクイズを出す。知識に偏り過ぎていて全然分からない。

子どもとずっと目が合っていた。

富士山

人生初の生富士山だったが残念ながら雲がかかってしまい先端部分をお目にかかることはできなかった。 先端部分が見たいのだ。

なかなか見せてくれない。

帰還

結局富士山の全体像を目にすることもないまま陸に上がる時が来てしまった。

前方に湖岸が見える。

タラップで降りる。

スポンサーリンク

KABAまとめ

人生初の水陸両用バスということでかなり期待していたのだが、正直なところちょっと期待外れなところがあった。

もっと激しい遊園地のアトラクションのようなツアーなんだと思い込んでいたら意外とゆったりとしていて面白みに欠けていた。

しかし人生初の水陸両用バスに乗れたのはやはり感動だった。

また連れがとても楽しんでいたようなのでやはり個人差というべきかもしれない。少々高いがゆったりと山中湖を周遊したいという人にはオススメだ。

山中湖のKABAの公式サイト

チケット。

うちわももらった。

コメント