【本と漫画が読み放題のKindleが初回30日間無料】
ウバッグの最新在庫情報

ウーバーイーツ配達用バッグはアマゾンで定価で手に入ります。転売ヤーたちに高額転売される前にアマゾンで買いましょう。

在庫をチェック
個人事業主が売上を下げて持続化給付金をもらう方法
持続化給付金の売上台帳を簡単に作る方法
動画サービスHuluとU-NEXTが今だけ無料体験
ウーバーイーツ配達を10倍快適にする便利グッズ

【ウーバーイーツ】雨の日の配達を10倍快適にするおすすめ雨対策グッズを紹介。

ウーバーイーツ
※ウバッグの高額転売に注意

最近ウーバーイーツ配達用バッグ「ウバッグ」がヤフオクなどで高額転売されています。第3世代第4世代もアマゾンなら4000円で買えるので注意しましょう。

 

この記事では雨の日の配達を10倍快適にするおすすめ対策グッズを紹介しています。ウーバーイーツの配達だけでなく普段の生活にも役立つものばかりなのでご一読を。

配達・宅配業務に従事する人たちの誰もが嫌がるもの、それは「」。

雨の中配達するのは普段の倍以上ストレスフル(Stressful)です。

身体は濡れるし、視界は悪いし、道路は滑るし、とにかく配達しづらい

雨の日の配達は普段とは比べ物にならないくらい疲れるし、時間もかかります。s

そんな中温かい料理を運ばなくてはいけないウーバーイーツ配達パートナーは、遅延によるBad評価急いだら事故るかもしれないという恐怖と戦いながら業務を遂行しなくてはありません。

誰だって雨の中配達したくはありません。

雨の日は必ず休むという配達パートナーもいるくらいです。

ただし、雨の日の配達には「雨インセ」が発生します。

雨インセとは見た目は普通のクエストと同じですが、雨が降っている時、もしくは雨予報の時だけ発生する特別なボーナス

12回配達すると最大2400円(たまに3600円!)のボーナスが加算されます。

この雨インセ狙いで雨の日に稼働するドライバーもたくさんいます。

こういう私もなるべく雨の日には稼働して出来る限り雨インセを達成するようにしています。

しかし雨という普段よりも厳しい状況の中で配達するのはかなり辛いのは事実。

そこで必要となってくるのが雨対策。

いかに雨の中で効率よく配達出来るかが雨インセを達成出来るかどうかに直結します。

雨を制する者が雨インセを制すると言っても過言ではありません。

そこで今回は、実際に私も使っている雨の日の配達を10倍快適にするおすすめ対策グッズを10個紹介します。

これさえあればこれからの梅雨の季節の配達も乗り越えて雨インセも完クリ出来るはずです。

7月以降の暑い季節にはこの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

レインウェア

雨の日に自転車(もしくはバイク)に乗るときには必ずレインウェアが必要です。

何も着ずにびしょ濡れで配達してもいいのですが、生身で雨に打たれ続けると確実に疲れが溜まります。

お客さんもびしょ濡れの人が配達に来たら多分驚きます(というかそんな配達員は嫌です)。

レインウェアは100均で買うことも出来ますが、やはりそこは100円のクオリティ

ブカブカして動きにくいし、水は浸みてくるし、自転車に乗ったりバイクに乗ったりする時にはむしろ邪魔です。

そんなちゃちなものではなく、もっとしっかりしたレインウェアを用意しないと配達のパフォーマンスも下がるので良いことはありません。

耐水圧と透湿性

レインウェアを選ぶ時に確認しておきたいのが「耐水性」と「透湿性」。

耐水性とは水に対する濡れにくさのことで、透湿性とは湿気を外に逃す性質のことです。

レインウェアに濡れにくさ(水を通さない)は必須ですが、中にこもった湿気を外に出すことも快適さには必須。

この2つが高いレインウェアほど良いレインウェアと思っておいて問題ありません。

ゴアテックスが一番人気

そこで今一番人気なレインウェアがゴアテックス(GORE-TEX)生地を使ったもの。

ゴアテックスはアメリカの企業ゴアが開発した防水透湿性素材の商標名です。

コアテックスの特徴を一言でいえば「水蒸気は通すが雨は通さない」こと。

身体から出る水蒸気は全て外に出て行くの着ていても蒸れることは無い上に、雨は弾き返すので服の中は常に快適な状態。

防水性・暴風性・透湿性に関していえば間違いなくゴアテックスがナンバーワンです。

耐水性が凄まじい

特に優れているのが耐水性。

一般的に大雨が降ると服に10000mmくらいの水圧がかかり、台風だと20000mmくらいの水圧がかかるとされています。

しかしゴアテックスは耐水圧が50000mm以上

単純に考えて台風が2つと大雨が1つ来てもビクともしません。

モンベルやプロモンテ、ザノースフェイスと言った超有名ブランドもゴアテックスを採用しています。

日本のダイワもゴアテックスを採用したレインウェアを販売しています。

普通のレインウェアでも十分(※追記あり)

ゴアテックスがいかに素晴らしい素材なのかはわかったと思いますが、

ゴアテックス高!!

というのが我々一般ピーポーの正直な感想だと思います。

雨の日にゴアテックスを着ていれば最強なのはわかりましたが、それにしてもやはりちょと高い

そんな時は普通のレインウェアを買いましょう。

ゴアテックス並みの耐水性・透湿性は期待出来ませんが、普通の雨くらいなら十分役に立ちます。

正直なところ機能に関してはどこも同じなので、デザインと価格帯で選ぶのが良いと思います。

私はマックというブランドのレインウェアを買いました。

価格はだいたい3000円前後で、耐水圧は10000mmH2Oくらいですが十分使えてます。

デザイン性で言えばアオキの方がかっこいいですね。

※2019年10月追記

夏の間や雨量が少ない日はこのレインウェアでも全然問題はありませんでしたが、最近の台風や大雨では全然役に立ちませんでした。

寒い季節は身体も冷えるのでこの価格帯のレインウェアだとかなり厳しいと思います。

私が買った3000円のレインウェアは小雨程度ならへっちゃらですが、激しい雨の日にはかなり中まで浸みてきます。

ちゃんと弾いてるように見えても水が浸みて黒くなっているのがわかります。

内側がこんな感じ。水滴がポタポタしたたるくらい濡れてます。

夏の間は別に気にもしなかったのですが、秋になると身体が冷えてかなり堪えます。

身体が冷えると当然配達のパフォーマンスも落ちるし、風邪も引くので良いことが何もありません。

なので雨の日もがっつり稼働する配達員はゴアテックス生地のレインウェアを買うのがおすすめです。

ゴアテックスはちょっと高いですが、耐水性と透湿性に優れているので大雨でも問題なく配達出来るはずです。

「ゴアテックスは良さそうだけど高すぎる」という方は耐水圧が20000mm以上あるレインウェアを買いましょう。

20000mm以上あればとりあえず強い雨でも問題は無いと思います。

耐水圧が20000mm〜30000mmだったらネームレスエイジのレインウェアが一番コスパが良いですね。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

レインキャップ

レインウェアにはフードが付いていることが多いですが、フードだと頭をすっぽり覆ってしまうのでちょっと窮屈に感じることがあります。

なので私はいつもツバ付きの野球帽を被って運んでいます。

ツバ付きだと直接顔に当たる雨が減るので視界も若干クリアになります。

帽子は100均のものを買っても良いと思いますが(ダサいけど)、防水性・撥水性に優れたレインキャップも売っているので出来ればこちらを用意しておきたいところ。

created by Rinker
cap collection(キャップ コレクション)
¥2,100 (2020/06/01 22:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

※6月1日追記

雨の日にメガネをかけてレンズに水滴がついて視界が悪いのでかなり危ないです。

レンズ用撥水スプレーがあれば超快適なのでおすすめです。

created by Rinker
SWANS(スワンズ)
¥1,800 (2020/06/02 14:58:10時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

マリンシューズ

雨の日には足元が濡れて靴の中に水が入ることがあります。

靴の中に水が入ると脱げやすくなって危険だし、靴底が揺れて気持ち悪いです。

しかも濡れた靴はなかなか乾かないので次の日に悪影響が出ます。

そんな時におすすめなのがマリンシューズ(レインシューズ)

マリンシューズは海や川辺で利用するのが一般的ですが、速乾性や通気性にも優れているので雨の日の配達にぴったりです。

靴の裏にも滑り止めが付いており、思わぬ事故を防ぐことも可能。

見た目もかっこいいので雨の日だけではなく普段使いとしても結構役に立ちます。

街中にも雨の日に使っている配達員がいますね。

レインシューズの見た目が気になる方は防水シューズを履いて稼働するのもいいかもしれません(私は未体験ですが)。

created by Rinker
MoonStar(ムーンスター)
¥3,300 (2020/06/01 16:54:23時点 Amazon調べ-詳細)

見た目がスニーカーなので普段も履けますね。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

シューズカバー

雨の日にも普段の靴で配達したいという方にはシューズカバーがおすすめ。

シューズカバーは普段の靴の上にそのまま履けば良いので、靴が濡れてしまう心配をする必要は無くなります。

ただしシューズカバーを履くと見た目がかなりゴツくなるので、配達員というよりも作業員という印象がちょっと強くなるので個人的にはレインシューズの方がおすすめ。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

防水スマホケース

雨の日にスマホを操作する時には2つ気をつけることがあります。

  1. 滑って落下させる
  2. 画面が濡れて誤作動を起こす

この2つは絶対に避けなくてはなりません。

特に画面が濡れたことによる誤作動はリスクが大きいです。

水滴が勝手に認識されて配達中にキャンセルボタンを押してしまったり、受けるつもりもないピックを受けてしまったりと、良いことが一つもありません。

そんな時は自分の端末専用の防水ケースで雨対策をしましょう。

私はHuawei p20 liteを使っているのですが専用の防水ケースがありました。

防水ケースに入れてからは一度も誤作動を起こしたことはありません。

しかも指紋認証も出来ます。

防水性も完璧。

以前は汎用の防水スマホホルダーを使っていましたが、あまりに使いづらいので悩んでいたところでした。

【スマホケース】完全防水なら端末専用のものを買うのがおすすめな理由
この記事ではウーバーイーツ配達の為に購入した防水スマホケースについて紹介しています。完全防水を望むなら端末専用ケースを買うのがベストです。

今はこの最強防水スマホなので問題なしです。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

シリコン製スマホホルダー

配達パートナーのマストアイテムである「スマホホルダー」。

きっと多くの人はプラスチック製のものを使っていると思いますが、私のおすすめはシリコン製のスマホホルダーです。

私は5年以上シリコン製のスマホホルダーを使っていますが、どうしてみんな使わないのか不思議なくらい便利です。

シリコン製のスマホホルダーがおすすめな理由は以下の4つ。

  • 着脱が簡単
  • 意外と丈夫
  • 濡れても大丈夫
  • 安い

一番の理由は「着脱が簡単」な点です。

慣れれば1秒くらいで簡単に着脱することが出来るので、料理をピック・ドロップする時に助かります。

プラスチック製のホルダーだと固定するのに時間がかかる上に、ホルダーの後ろに手を回したりと色々面倒です。

しかも雨の日にはネジが緩むのに毎回締め直す必要も出てきます。

なのでまだシリコン製のホルダーを持っていない人はぜひこの機会に一つ試した方が良いです。

おすすめは360度回転するこの商品。

海外でバイクに乗る時もよくこれを使っています。

スポンサーリンク

防水スプレー

ウバックは撥水性に優れていますが、残念ながら防水性能はありません。

なので集中的に雨に当たると中まで水が染み込んできてしまいます。

そんな時に必要なのが防水スプレー

created by Rinker
ヘンケルジャパン(Henkel Japan)
¥733 (2020/06/01 16:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

防水スプレーがあればわざわざバッグカバーを買う必要も無くなります。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

速乾スポーツタオル

雨の日は濡れるのでタオルを持っていく人がほとんどだと思います。

水分を吸収してくれればなんでも良いのですが、出来ればたくさん吸収してすぐに乾くスポーツタオルを持っておくのがおすすめです。

スポーツタオルは吸水性・速乾性に優れているので重宝します。

濡れたところを拭いて雑巾のように絞れば水がドバーッと出てきます。

ちなみに私はミズノの速乾タオルを使っています。

created by Rinker
林(Hayashi)
¥880 (2020/06/01 22:18:36時点 Amazon調べ-詳細)

旅行に行く時などにも重宝しています。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク

ハンドルカバー

雨の中自転車(やバイク)で走ると当然手が濡れます。

手が濡れるとハンドルが滑りやすくなり、思わぬ事故や怪我に繋がる危険性があります。

注文者からしても手がびしょびしょの人が料理を運んできたら、あんまり印象はよくないはずです。

そこでおすすめなのがハンドルカバー。

ハンドルカバーがあれば配達中に持ち手の部分が濡れることはないので、ツルツル滑ることもないし、手が冷たくなることもありません。

中がモフモフしてます。

冬になったらこのモフモフが無いと手が凍傷になります。

ロードバイク、原付で稼働している人は専用のハンドルカバーを買いましょう。

スポンサーリンク

傘ホルダー

レインウェアがあれば自分の身体は濡れませんが、身体は間接的に雨に打たれ続けます。

さらに料理をバッグの中に入れる時なんかに雨に濡れてしまうこともあり、最悪お客さんからBad評価を点けられます。

そんな時には自転車用の傘ホルダーがおすすめです。

傘を手に持って自転車に乗るのは危険(違反)ですが、傘ホルダーなら手を使う必要がないので普通に自転車に乗ることが出来ます。

土砂降りの雨なんかだとレインウェアを着ていても

ああびしょ濡れだ。もうなんかいやになってきた…..

という風に気持ちが沈んでしまいます。

そんな時に雨が避けられるスペースが少しでもあれば、少しだけ気が楽になります。

※違反になるケースも

都道府県によっては傘ホルダーも道路交通法になるようなので注意が必要。青森県、岩手県、山形県、静岡県、福井県、三重県は違反です。ウーバーイーツの稼働エリアは特に問題なさそう(要確認)。

スポンサーリンク

まとめ

今回は雨の日の配達を10倍快適にするためのおすすめ雨対策グッズを10個紹介しました。

もう一度振り返ると

この10個です。

特に重要なのがレインウェア。

レインウェアは最低でも用意しておきましょう。

レインウェア無しで稼働すると思った以上に疲れが溜まりやすいので配達パフォーマンスが下がりますし、びしょ濡れの配達員が来たら注文者もびっくりします。

追記にも書きましたが、気温が低かったり雨が強かったりすると私が買ったようなレインウェアはほとんど役に立ちません。

むしろ体調を崩して風邪を引いたりするのでやめましょう。

がっつり稼働して雨インセをクリアするのであれば、多少値段は高くてもゴアテックス素材を使ったレインウェアを買っておくのが無難です。

「ゴアテックスは高すぎる」という人は、耐水圧が20000mm以上のレインウェアを用意しておきたいところ。

20000mm〜30000mmだったらネームレスエイジのレインウェアが一番コスパが良いですね。

ちょっとの小雨くらいなら私のように耐水圧が10000mmのレインウェアでも問題ありません。

デザイン性で言えばアオキの方がかっこいいですね。

これからの梅雨の季節は毎日雨が降る日が続くのでしっかり雨対策を講じて雨インセを確実にゲットしていきましょう。

ちなみにアマゾンで買い物をするときはアマゾンギフト券にチャージすると最大2.5%ポイント還元されるのでまだチャージしていない方はこの機会にぜひ試して見ましょう。

ギフト券にチャージ

雨の日の配達はタダでさえテンションが上がらないので、ここで紹介したグッズで完全武装して、なんとか乗り切りましょう。

これからの暑い季節にはこちらの記事を参考にしてみてください。

確定申告も忘れずに。

ウバッグはアマゾンで買いましょう。

配達中にぐちゃぐちゃになってしまった料理はこちら。

※5月29日追記:海外限定モデルのウバッグはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました