Kindleなら本も漫画も読み放題【30日間無料体験】
アマゾンのクーポン アマゾンタイムセール

【治験体験談】治験は危険?人体実験とはどう違うのか?

治験・バイト
ウーバーイーツのクーポン!

初めてUberEatsで料理を注文する時に使える1000円オフのクーポンコードは「8o9jya」。期間限定なのでお早めに。

 

UberEatsで料理を注文

2020年6月30日まで5%還元!
アマゾンでは来年の6月30日までキャッシュレス決済で5%を還元するキャンペーンを実施中。さらにギフト券チャージなら2倍お得。買い物するなら今がチャンスです。
 

治験に参加したことがない多くの人が持つ疑問の一つとして必ず挙がるのが「治験は人体実験とどう違うのか?」というものだと思います。

これは同時に治験に参加するのをためらう一番大きな動機でもあるように思います。

確かに言い方は「治験」という風にいかにも医学的、人道的な風に聞こえますが、実際にやることは「人体実験」と変わらないというイメージを持つ人がいたとしても不思議ではありません。

歴史的に見ても新しい薬が出来る過程で多くの人が人体実験の対象となり、その結果命を落としてしまった人も決して少なくはないでしょう。

そこで今回は「治験は人体実験なのか?」ということにテーマを絞って考えていきます。

スポンサーリンク

治験は人体実験なのか

しかし、結論から言うと治験は人体実験ではありません。

現代の日本でやっていることなのですが、当然と言えば当然のことですが、治験は人体実験と呼ぶことは出来ません。

それゆえ、命に関わるような治験は絶対にあり得ないし、何かの後遺症が残るということすらも、ほぼあり得ないと言い切っても問題はありません。

スポンサーリンク

治験と人体実験の違いとは

それでは治験と人体実験の違いはなんなのか、どこにあるのかということですが、1番の本質的な違いは、治験は本人の自由意思に基づいて行われる「治療試験」を指し、「人体実験」は本人の意思を無視して行われ、倫理的問題のある「実験」を指すという点です。

治験→「治療試験」(本人の自由意思)

人体実験→「実験」(本人の意思は無視される・倫理的問題)

この点がもっとも重要です。治験に参加するかどうかは本人の自由なのです。参加したければ参加すればいいし、辞めたくなったら治験の途中であってもいつでも参加を辞退することが出来る、それが治験です。

反対に人体実験では本人の意思が無視されます。当然ですよね。誰だって自分が人体実験にされたくありません。誰も自分からやりたがらないから意思を無視して無理やり実験にされてしまうんです。

スポンサーリンク

治験は本人の意思を尊重する

また治験に参加する時には説明会で治験の内容に詳しく説明を受けることが出来ます。そこでしっかりと治験の内容を学び、それに同意するかを自分の意思で決定することが出来ます(インフォームドコンセント)。

そして治験に参加するか否かを決めることが出来ます。参加するかどうかは本人の自由意思で決めることが出来るのです。

また、製薬会社が治験を実施する時には国際的な取り決めであるGCP(医薬品臨床試験実施に関する基準)により、IRBという治験審査委員会を設置することが義務付けられています。

そしてこの委員会に認められた治験だけが実際の臨床試験を行うことが出来るのです。当然日本で参加出来る全ての治験はこの委員会によって安全が担保されており、参加者の健康を著しく害するようなことはありません。

私はこれまで5度以上治験に参加していますが、この通りピンピンしています(まあ一度だけ副作用っぽいのが出て家に帰りたくなったことはありますが。)

スポンサーリンク

治験と人体実験の違いまとめ

いかがでしたか?治験と人体実験が違うことくらい、現代人なら誰でもわかることだと思いますが、これから治験に参加しようと考えている人にとってはちょっと心配なのかも知れません。

僕自身も最初に治験に参加する時は緊張で前日眠れなかったくらいです。しかしこれまで9回も治験に参加し、たった一回だけ大したことのない副作用に遭った経験から言うと、それほど心配することもありません。

不安は最初だけだと思うので迷っている人はとりあえず事前説明会に行って見ましょう。医師から説明を受けると色々と不安要素も取り除かれるものです。

治験情報ウェブサイト

治験情報ウェブサイトとは全国の治験情報を集めたウェブサイトです(そのままですね)。

いわば治験の求人サイトのようなもので、当たり前ですが治験の求人しかありません。

代表的なものをいくつか挙げて説明しますが、実際に登録してみてどんな感じなのかを自分の目で確かめることをお勧めします。

※いずれのサイトも詳しい治験情報を閲覧する為には事前登録が必要ですが、全て無料です。登録にお金を請求するようなサイトは絶対に信用しないで下さい。サイトによって募集している案件に違いがあるので、気になったサイトは取り敢えず登録してみましょう。

治験参加の事ならV-NET

業界最大手の治験情報サイトで、医学ボランティアネットワークによって運用されています。解説ページが非常に分かりやすく作られており、治験が初めてほ方でも安心して利用でき、治験に対する理解が深まります。また、扱っている案件数も非常に多く、隙間時間に参加しやすい治験も揃っています。

紹介案件としては、 男性20~40代女性40歳以上対象のものが多く、対象居住地としては、関東地区(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住の方、もしくは関西地区(大阪・京都・兵庫)在住の方のものが多いです。

治験や臨床試験のモニター参加なら日本最大のVOB!

こちらも業界最大手の治験情報サイトです。日本最大級を自負するだけあって案件の数は生活向上WEBに勝るとも劣りません。

モニター検索が多少大雑把で(東京、20代、男、みたいに)検索結果の数が多く出て来きますが、結構良い条件の案件も見つかるのでおススメです。僕はこのサイトで4泊5日×2回で20万という破格の治験モニターに参加したことがあります。

治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN

こちらのサイトも業界最大手で10年以上の実績があります。サイト自体もカラフルで見やすいです。たまーにめちゃくちゃ謝礼金が高い治験があったりしますね。私がよく利用するのもこのサイトです。

最近ではJAXAと提携している臨床試験案件もあります。
JAXA閉鎖環境適応臨床試験

クリニカルボランティアサポート

このサイトは見やすさで言えばナンバーワンです。また治験以外にも健康食品やサプリメントや化粧品のモニターも扱っているので一回登録しておけば楽ですね。

全国の治験情報満載! 治験紹介【クリニカル・ボランティア・サポート】

ニューイング

ニューイングもよく知られた治験情報サイトです。治験の募集数はちょっと少ない感じですが、たまに掘り出しの治験が締め切り直前に出てきたりします。

いずれも有名なサイトですので初めてでも安心・安全に利用できます。

僕個人が使った感じだとJCVNが一番使いやすくて謝礼金が高い治験が見つかると思います。また、自分が狙った日程の治験がすぐに見つかるのでおすすめですね。

あとはクリニカルボランティアサポートもサイトが見やすくて良いです。治験を実施するクリニックの名前があったりするのも安心ですね。

コメント

本と漫画が読み放題のkindleunlimitedが初回30日間無料

本も漫画も読み放題のkindleunlimited。

タブレットでもスマホでも読めます。

タイのガイドブックも無料で読めるものがたくさん。

今なら初回30日間無料キャンペーンやってます。

タイトルとURLをコピーしました