〜2019年アマゾン㊙︎欲しいものリスト公開中〜
【UberEats】期間限定1000円割引プロモコード

初回注文の際にプロモーションコードeats-8o9jyaを入力すると合計額から1000円割引されます(期間限定なのでお早めに)。

ウーバーイーツで料理を注文

【治験体験談】大学生にこそ治験バイトがおすすめな5つの理由を解説

治験・バイト

今回は僕が大学生に治験バイトをおすすめする5つの理由について、僕の学生生活に触れながらお話します。

きっと多くの大学生は普通のバイトをしていると思いますが、大学生こそ治験バイトに参加するべきだと思っています。

今回はその理由についてちょこっと説明していきます。

スポンサーリンク

バイト三昧の学生生活

大学生がバイトをする一番の理由はお金ですよね。

もしかしたら家が裕福でお小遣いを毎月10万円くらいもらっているお坊っちゃまもいるかもしれませんが、基本的に自分が遊ぶお金は自分で稼ぎます。

中には様々な事情で自分で大学の授業料を払わなくてはいけない学生や、地方から上京してきて生活費を自分で賄わなくてはいけないという学生もいるかと思います。

僕も大学生の途中から家庭の事情により、自分で授業料を払わなければいけなくなりました。

奨学金をもらうという選択肢もあったのですが、大学を卒業後も一生奨学金を返済し続けるのが嫌だったのでもらいませんでした。

学費の為に1年間休学し、チラシ配りや、宅配ドライバーなど時給が高めのバイトをいくつか掛け持ちしていました。

しかし、いくら時給が良いといってもせいぜい1300円程度だったので、学費を払うにはかなり厳しめでした。

そこで初めて参加したのが治験でした。

一番最初は2泊の入院を2回で9万円の簡単な治験でしたが、これをきっかけに治験に参加するようになりました。

治験に何度か参加したおかげで、学費も無事に貯めることができ、大学に復学することも出来ました。

スポンサーリンク

僕が大学生に治験バイトをすすめる5つの理由

それではここから僕が大学生に治験バイトをすすめる大きな5つの理由について書きます。

謝礼金が高額

一番の理由はなんといっても謝礼金が多いことです。

入院治験の場合は1日あたり平均で16000円から25000円の協力費がもらえます。

例えば3泊4日の入院治験の場合の協力費は7~8万円が相場です。

時給1000円のバイトで7万円稼ぐ場合は70時間(約3日間)休みなく働く必要があります。

しかし、3泊4日の入院治験なら病院のベッドで寝ているだけで7万円もらえるのです。

投薬日以外は自由時間

入院中に忙しくなるのは投薬日だけです。投薬日以外は特にしなければならないこともありません。

ただベッドに横になって漫画を読んだりスマホをいじったり映画を見たりしているだけです。

机がある病院がほとんどなので、大学の課題をやったり資格勉強をしたりも出来るんです。

実際に1週間から3週間くらいの長期の入院治験に参加して、お金を稼ぎながら資格勉強をするというケースはそれほど珍しくありません。

入院中に病院で参考書を広げている人はよく見ます。病院内は基本的に静かなので勉強するのにはぴったりなのかも知れません。

3食出るから食費が浮く

入院中は3食必ず出てきます(投薬日は2食)。朝昼晩の3食がしっかり出てくるんです。

つまり食費を浮かすことが出来ます。

普段はあまり意識することはありませんが食費は思った以上にかかっているものです。

サークルの飲み会などがある日には一日で3000円以上もかかってしまうこともざらにあります。

栄養バランス

さらに病院の出す食事なので栄養バランスが偏ることもありません。

栄養バランスの良いタダ飯が食べれるなんて最高ですよね。

健康な体になる

治験に参加するためには何よりもまずカラダが健康でなければいけません。

被験者に選ばれるには事前健康診断の採血や心電図測定で良いデータを示す必要がありますが、これは若ければ若いほど有利です。

大体の入院治験は20歳〜40歳の幅で募集しているのですが、実際に被験者に選ばれるのは20代前半〜30代前半が圧倒的に多い印象です。

もちろん事前健康診断の前日に脂っこい物を食べたり、アルコールを摂取してしまえば被験者には選ばれません。

長期の休みがある

社会人になってからは基本的に平日に会社を休んだり、1週間くらいの長期の休暇を取るのは難しいですよね。

その点、大学生には夏休みや春休みという長期の休暇があります。

多くの学生はこの期間を利用してがっつりアルバイトで稼いだりすると思います。

しかし僕はこの期間を利用して治験に参加するのをおすすめします。

上でもお話しましたが、治験は1泊2万円程度の協力費が出ます。

1週間の入院治験なら12〜13万円、3週間の長期入院だと40万円近くの協力費が出ることもあります。

大学生が一生懸命働いたって一月に20万円程度稼げれば良い方です。

しかし治験なら入院してダラダラしているだけで1日2万円ももらえるのです。

バイトと知見を組み合わせれば月に30万円くらい稼ぐことも可能です。

長期期間を利用しない手はありませんよね。

美人の看護師さんが多い

これは大学生とかはあまり関係ないかも知れませんが、治験病院の看護師さんはなぜか美人が多いです。

入院中はストレスがたまる場合もあるので、そういう時に美人の看護師さんに採血をされたり心電図を取られるするのはちょっと嬉しいですよね。

スポンサーリンク

大学生に治験バイトをすすめる理由まとめ

今回は僕が大学生にこそ治験バイトをすすめる5つの理由についてお話しました。

大学生は毎日授業があったり、レポートを提出したり、バイトをしたりと色々と忙しいと思います。

なので夏休みは冬休みは毎日遊びたい気持ちも分かります。

でも、もし余裕があればこの期間を利用して治験に参加してみてください。

何度も言いますが、治験は入院しているだけで1日2万円近くももらえます。

最初は色々と心配でちょっとためらうかと思いますが、一度参加してしまえば次からはリラックスして参加することが出来ますよ。

もちろん治験に参加するには大学生である必要はありません。

30代〜40代くらいでも健康に気を遣っていれば不摂生な大学生よりはよっぽど被験者に選ばれやすいです。

要は普段から健康的な生活をしているのかが一番大切なんです。

世の中には治験で1000万円稼いでしまう人もいるのです。

created by Rinker
¥1,296 (2019/08/21 01:01:54時点 Amazon調べ-詳細)

私も1000万円まではいきませんが、私立大学の学費1年分くらいは普通に稼ぐことが出来ました。

スポンサーリンク

治験に参加するには?

治験に参加するためには「治験情報ウェブサイト」を通じて募集している治験を見つけることから始まります。

治験情報ウェブサイト

治験情報ウェブサイトとは全国の治験情報を集めたウェブサイトです(そのままですね)。

言ってみれば治験の求人サイトのようなもので、当たり前ですが治験の求人しかありません。

ここでは私が実際に登録している治験情報サイトの中でも代表的なものをいくつか挙げて説明します。

どのサイトも分かりやすくてそれほど違いはないのですが、実際に登録してみてどんな感じなのかを自分の目で確かめることをオススメします。

たまにサイトによって募集している案件に違いがあるので、気になったサイトは取り敢えず登録してみましょう。

ちなみに大学生に一番おすすめのサイトはJCVNという治験情報サイトです。

※いずれのサイトも詳しい治験情報を閲覧する為には事前登録が必要ですが、全て無料です。登録にお金を請求するようなサイトは絶対に信用しないで下さい。

治験参加の事ならV-NET

V-NETは業界最大手の治験情報サイトで、医学ボランティアネットワークによって運用されています。

V-NETの特徴は解説ページが非常に分かりやすく作られていることです。

  • 治験の概要
  • 治験のメリット
  • 治験のデメリット
  • 参加者の体験談

などが無料登録に進む前に簡潔に解説されています。

これなら治験に対する理解が深まりますし、初めての方でも安心して利用出来ますね。

また、扱っている案件数も非常に多く、隙間時間に参加しやすい治験も揃っています。

紹介案件としては、 男性20~40代女性40歳以上対象のものが多い印象です。

対象居住地としては、関東地区(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住の方、もしくは関西地区(大阪・京都・兵庫)在住の方のものが多いです。

治験や臨床試験のモニター参加なら日本最大のVOB!

こちらも業界最大手の治験情報サイトです。日本最大級を自負するだけあって案件の数は相当なものです。

モニター検索が「東京、20代、男」のように多少大雑把なのがちょっと残念ですが、その分検索結果がたくさん出てくるので良い条件の案件も見つかるのでおススメです。

20代から60代まで幅広い年代の被験者を募集しているのも魅力的です。

ちなみに僕はこのサイトで4泊5日×2回で20万という破格の治験モニターに参加したことがあります。

1泊に換算すると約25000円です(時給だと1000円)。

これは歴代の入院治験の中でも最も協力費が良かった治験でした。

VOBだとたまにこんな掘り出し物案件が見つかります。登録しておいて損はありません。

治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN

こちらのサイトも業界最大手で10年以上の実績があります。

このサイトは大学生に一番おすすめのサイトです。

サイト自体もカラフルで見やすいです。たまーにめちゃくちゃ謝礼金が高い治験があったりしますね。私がよく利用するのもこのサイトです。

健康食品のモニターも多く、気軽に利用できますね。 

最近ではJAXAと提携している臨床試験案件もあります。
JAXA閉鎖環境適応臨床試験

クリニカルボランティアサポート

このサイトは見やすさで言えばナンバーワンです。

臨床試験についても

  • 健康な方
  • 高齢者限定
  • 女性限定
  • 特定疾患

など幅広く募集していますね。

治験以外にも健康食品やサプリメントや化粧品のモニターも扱っているので一回登録しておけば楽ですね。

ニューイング

ニューイングは治験業界の中ではパイオニア的存在で業界歴15年の老舗サイトです。

治験募集の案件はそれほど多くはありませんが、19歳から80歳までの幅広い年齢層を対象にしているので自分にあった治験が必ず見つかります。

どの治験情報サイトがいいの?

いずれも有名なサイトですので初めてでも安心・安全に利用できます。

僕個人が使った感じだとJCVNが一番使いやすくて謝礼金が高い治験が見つかると思います

また、自分が狙った日程の治験がすぐに見つかるのでおすすめですね。

あとはクリニカルボランティアサポートもサイトが見やすくて良いです。治験を実施するクリニックの名前があったりするのも安心ですね。

たまに治験の内容や日程が同じ案件が複数のサイトで見つかることがありますが、それは病院側がより多くの参加希望者を募る為に複数のサイトに案件を載せているだけです。またその場合もサイトによって謝礼金額が変わるということはまずないです。

スポンサーリンク

治験で入院中はアマゾンプライムを活用しよう

入院中は何かと制限がありストレスがたまりがちです。最初の数日はなんとかいけても、長期の入院となるとやることがなくなってきて困ってしまいます。

そんな時はアマゾンのプライムビデオがおすすめです。今なら初回30日間無料キャンペーンをやっています。つまり、入院前に登録して、退院してから退会すれば実質0円で映画や動画が見放題。

「私は読書派だ」という書生のあなたにはKindleunlimitedがおすすめです。月額980円で本と漫画が読み放題ですが、こちらも今だけ初回30日間無料キャンペーン中。

ちなみにおすすめの漫画は「新のぞき屋」です。

kindleunlimitedなら無料で全巻読めます。他にも無料で読める漫画がたくさんあります。

さらにアマゾンミュージックなら100万曲以上の音楽がいつでもどこでも聴き放題。こちらも今だけ初回30日間無料キャンペーン中です。

これだけあれば長期の入院でも飽きることなく過ごすことが出来ます。

コメント