【旅行者必見】LCCの機内持ち込み荷物にぴったりのスーツケースはこれ。

wraplusのスキンシールでMacBook12をお洒落にカスタマイズしてみた。

買ったもの

wraplusのスキンシールで愛用のMacBook12インチ(Early 2015)をかっこよくカスタマイズしてみました。

Appleユーザーなら誰も共感してくれると思いますが、iPhoneでもMacBookでも、Apple製品は傷がつきやすいものです。

特にiPhoneは大変です。

ちょっと角をぶつけたり、テーブルの上を擦っただけで金属面に痛々しいキズ跡が残ります。

落としたりしたら致命的です。

iPhoneユーザーのほとんどがシリコン・ハードケースを使っているのも十分頷けます。

裸のまま使っていて無傷なユーザーは稀少です。きっと心からApple製品を愛しているのでしょう。

MacBookの場合も同様です。

ちょっと表面を擦っただけで一生消えない傷が残り、ちょっと残念な感じになってしまいます。

スポンサーリンク

ハードケースは微妙

対策としてハードケースを使う人もいます。

こういう私もAir13インチにはちゃっかりハードケースを使っています。

おもて面。微妙にロゴが見えます。

裏面。

薄いです。

ハードケースを着けるとかなり分厚くなる。

今はほとんど自宅用なのでハードケースに入れてても問題ありません。

しかし旅行などで持ち運ぶとなるといつも飛行機の重量制限に頭を悩まされます。

日本製wraplusのスキンシール

そこでスキンシールの登場です。

私が考えるMacBook関連のおすすめ便利グッズ・私的ベスト5の最後にも紹介しましたが、このスキンシールをMacBookの表面に貼ることで、金属面が傷つくのを防いでくれます。

しかもシールなので重さもほとんどありません。

しかもお洒落です。

これは木目のシールなのですが、元々のMacBookのデザインを損なうことなく、大人な高級感あふれる素晴らしいMacBookへと変貌を遂げました。

もちろん落としたりしたら致命的ですが、何もしていないよりは遥かに安心です。

表面の凹凸がかなりリアルです。

パームレストの部分も。キーボードカバーと合わせると更に良いです。

wraplusのカラーバリエーションは全部で31種類あります。

MacBook、Air、Pro全て揃っています。

公式サイトから引用

またiPhone用のスキンシールやwindowsのsurface用スキンシールもあります。

created by Rinker
wraplus
¥1,250 (2019/09/15 21:54:37時点 Amazon調べ-詳細)

wraplusから貼り方ついての動画あります。

wraplus for MacBook Pro 15インチ(2016〜) スキンシール 貼り方説明

ドライヤーがあればかなり楽に貼れますが、絶対に必要というほどでもありません。

最初にも書きましたがApple製品は傷つきやすいです。

しかし、デザイン性という点はとても優れているのも事実で、ハードケースなどで見た目を損なうのはなるべく避けたいところです。

そんな悩めるAppleラバーにとって、表面の傷も防いでくれる上、オリジナルの見た目を損なうことなく、自己流のデザインを加えることが出来るスキンシールはベストチョイスと言い切れるのではないでしょうか。

数ヶ月おきにイメチェンすると気分転換にもなりますしね。

コメント