【2019年2月】横須賀の住宅廃墟群「田浦廃村」は完全に消滅していた

横須賀

廃墟マニアの間でかなり前から有名になっていた「田浦廃村」。

私が最初に田浦廃村に来たのは今から16年以上前の小学生の頃です。

その頃はまだ住んでいる人がいたと記憶していますが、いつの間にか家財道具などは全て残したまま忽然と姿を消してしまいました。

それから様々な噂が流れていますが、いまだに謎が多く残る田浦廃村。そんな現代のゴーストタウンに先日再々方訪してきました。

2015年、2018年、そして2019年現在と田浦廃村はどのような変わっていったのでしょうか。過去の田浦廃村については下の記事をご覧ください。

スポンサードサーチ

2019年2月現在の「田浦廃村」

先日訪れた田浦廃村です。

ホタルの里

まずはホタルの里エリアから。

ご覧のように完全に塞がれています。踏切を渡ることすらできなくなっています。

確か去年いった時は踏切の先まで行けたのですが。

仕方がないので網目の間からカメラでズームします。

はっきりと瓦礫の山が見えます。

もう住宅が完全に撤去されてしまったようです。

なんとも言えない心地です。ここはもうこれ以上先に進むことも出来ません。多分これが最後の姿になりそうです。

田浦変電所エリア

続いて田浦変電所側に行ってみました。こちらはまだ踏切を渡ることが出来ます。というのも写真右手の住宅にはまだ住んでいる方がいらっしゃるからです。

JR横須賀線と京浜急行が交差しています。

この先が田浦廃村になるのですが、ご覧のようにこちらも完全に立ち入り禁止になっているようです。

網目の間からズームしてみます。

太い木が伐採されているのが見えます。多分もう歩いては通れないのでしょう。

なぜか子どもみまもり隊の自転車がありました。

田浦変電所

 

田浦変電所はまだ稼働しているようですね。

しかし変電所の前はもう完全に取り壊されています。

何か新しい宅地造設計画でもあるのでしょうか。

自動販売機があります。まだ工事の最中の様子。

太陽光メガソーラー設置計画

こんなお知らせ版がありました。

「宅地造成」とあります。しかも太陽光メガソーラーを設置するんだとか。

【閲覧注意】「田浦廃村」現代のゴーストタウンが立ち入り禁止になった理由と経緯
どうも。 僕は今現実から逃れる為にバンコクのチャイナタウンに潜伏しているのです...

ここの一番下に書かれていることは事実だったのですね。

まとめ

2019年2月現在の田浦廃村でした。立ち入り禁止になっているので先に行くことは出来ませんが、もう完全に消滅してしまったといっても差し支えないでしょう。

平成が終わる年にこういった廃墟が失くなってしまうことは悲しいですね。もちろん廃墟があるよりも太陽光メガソーラーを設置した方が社会の役には立ちますが、それでも心の奥にぽっかり空洞が空いてしまうような心地がします。

まさに諸行無常です。どんなものでもいずれは朽ち果ててしまい、人々の記憶の中からも次第に失くなっていきます。でもこういうものを悲しいと思える心はしっかり持っていたいものですね。

最新タイの珍スポット

【バンコクの珍スポ】ロボットが食材を運んでくれるレストランでしゃぶしゃぶ
タイの首都バンコクは東南アジア諸国の中でも特に経済発展著しい大都市ですが、そんな...
【スパンブリ】珍しい仏足石がある寺院で今日もタンブン(徳積み)
スパンブリからバンコクへ戻る道中でとてもポップなお寺に出くわしました。 幼...
全身真っ赤で超カッコいい仏像「レッドブッダ( Red Buddha)」をスパンブリで発見
壁画に無数のドラえもんが隠れているドラえもん寺「ワットサンパシオ」や、超巨大なド...
【スパンブリ一泊二日バイク旅】超巨大なドラゴンがいるお寺に行って来た
スパンブリ一泊二日バイク旅の続きです。ドラえもん寺の後にもまたいくつか回りたいと...
【タイの珍スポ】ドラえもん寺「ワットサンパシオ」で隠れドラえもん探し
最近になってマニアックな日本人たちの間で有名になりつつあるタイの珍スポットがあり...

コメント