【2019年版】アマゾンギフト券でもっとお得に買い物する方法

漫才コンビ「宮下草薙」は2019年売れることほぼ間違いなし(多分)

お気に入りの芸人さん

皆さんは「宮下草薙」という名前の漫才コンビを知っていますか?

真ん中は全然関係のない人です。

最近ちょくちょくテレビに出始めている若手の芸人さんなのですが、実は私は彼らがテレビに出始めるずっと前から都内の劇場で彼らの姿を見ており

 

彼らはいずれ売れるでだろう。

ほぼ確信していました。

なぜなら劇場で見た時からずっと面白かったからです。そして私は全然知らなかったのですが、去年のM-1では3回戦まで進んでいたんだとか。

最近はあまりお笑いライブにも足を運べていなかったので記憶からいなくなっていたのですが、こうしてテレビで再び目にするのは感慨深いものがあります。

そこで今回はそんな2019年ほぼブレイク間違いなしの漫才コンビ「宮下草薙」について紹介します。

スポンサーリンク

漫才コンビ「宮下草薙」

とりあえずまずは1つネタをご覧ください。

【HD】 ハワイ旅行 宮下草薙

めちゃくちゃ面白くないですか?都内のライブハウスでネタをやる時もいつもこのペースで笑いをかっさらっていくのです。そりゃあテレビに出るようになりますよね。

写真の左側がボケの草薙 航基さんで、右側がツッコミの宮下 兼史鷹(けんしょう)さんです。

プロフィール

お二人の簡単なプロフィールはこちら。

草薙 航基(くさなぎ こうき 1991年8月23日(27歳) – )

ボケ担当[1]
愛知県名古屋市出身。
身長165cm
血液型O型。
ネタで見せる仕種同様に心配性な性格[1]。さらに極度の人見知り・マイナス思考で、スーパーマーケットでアルバイトしていた時も、芸人だから物ボケしてみろと言われるんじゃないかと思って辞めたという[2]。そんな性格から、ライブでネタがすべった後は帰り道で座り込むなどしてひどく落ち込んでいたために、その度に宮下に食事をおごられるなど慰められていた[1]

宮下 兼史鷹(みやした けんしょう 1990年11月16日(28歳) – )

ツッコミ担当[1]
群馬県佐波郡出身。
身長168cm
血液型A型。
「俺のネタで笑わない奴はセンスがない」と言ってのけるほどで、他の芸人を下に見ていたこともあったという[2]
かつては仕事があるたびに群馬県の実家から通っていたが、2018年4月から上京して草薙が住むアパートに引っ越した[1]。(wikipedia参照

二人は太田プロの芸人養成コースで出会い、ツッコミの宮下さんが草薙さんを一目見た時から「こいつは売れる」と直感してたそうです。

草薙さんはその後何度かコンビ結成と解消を繰り返し、宮下さんはピンとして活動していました。そして2016年の1月1日に「宮下草薙」結成したそうです。つまりはまだ結成してから3年しか経っていないのです。

ちなみにお互いの第一印象は互いに「ヤバイ奴」だったそうです。

またお互いの名字をくっつけただけの「宮下草薙」という芸名は仮であり、「しっくりくるコンビ名」が見つかったらそっちに変更したいとのこと。

ネタについて

動画を見れば一目瞭然かと思いますが、ネタはいつもネガティヴ思考のボケの草薙さんの実体験や妄想に基づいているものが多いです。そこにツッコミの宮下さんが「考えすぎだよ」と優しくツッコミを入れます。

一見仲良しそうに見えますが実際はケンカが絶えないということだから漫才コンビはよくわかりません。

ボケの草薙さんは発達障害なのか

ネットではボケの草薙さんが「発達障害なんじゃないか」という噂が広がっています。おそらく草薙さんの容姿や喋り方からそう推測しているのでしょうが、それは全くのデタラメです

この動画の最後の方を見ればわかりますが普通の口調でMCと喋っています。特に喋り方がおかしいということもありません。だからあの喋り方は芸風と考えるのが筋です。まあ発達障害だからなんだって話ですけど。

面白いネタ

それでは最後に宮下草薙の面白いネタをご紹介します。超ネガティヴ漫才をご堪能ください。

「結婚式」

ボケの草薙さんの妄想が激しいですね。

「ファミレスバイト」

めちゃくちウケてます。

「だって俺鼻毛出てるもん」

「切れよ!」

「先輩が家に来る」

「YouTuber」

「俺たちがメントスコーラに入れてる動画って誰が見るのかな……」

スポンサーリンク

まとめ「宮下草薙は売れる(多分)」

若手お笑いコンビ「宮下草薙」について紹介しました。私としては昔劇場のお笑いライブで見ていた芸人さんがテレビに出始めるのは嬉しいですね。

もっと活躍してトム・ブラウンみたいにM-1の決勝の舞台に勝ち上がってくれたら涙が出ます。トム・ブラウンも一昨年までは高円寺の区民会館で数人のお客さんの前で漫才をやっていたくらいですから、やはりお笑いは夢があります。

コメント