【必見】Amazonでお得に買い物して1000ポイントもらう方法

難曲として有名なショパンの練習曲op.10-4を聴き比べてみよう

音楽(music)

どうも。

ピアノを弾いている人なら誰でも知ってる作曲家と言えばショパンですよね。

ショパンはピアノの演奏会でも取り上げられる作曲家ナンバーワンと言っていいほど多くの名曲を残してくれました。

数あるショパンのピアノ曲の中でもとりわけ評価が高いのが練習曲(エチュード)です。

ショパンのエチュードは音楽性の高さと難易度で有名ですが、中でも12の練習曲の4番(op.10-4)は多くのピアニストたちが演奏会などで演奏する機会が多く、その荒々しさと演奏効果の高さでYoutubeなどでも人気があります。

今回はそのop.10-4という作品の聴き比べをしたいと思います。

スポンサーリンク

ショパンの練習曲とは

op.10-4を聴き比べする前にショパンの練習曲についておさらいしておきましょう。

ショパンの練習曲はその名の通りピアノのための練習曲として作られた曲です。

あくまでピアノを練習するための曲なので、曲1つ1つに表題があるわけではありません。

音楽的に完成されている

しかしあまりに音楽的に完成された作品が多いことから勝手に愛称を付けられてしまった曲が多数あります。

op.10-3「別れの曲」

一番代表的なのは12の練習曲の中の第3番「別れの曲」ではないでしょうか。

別れの曲(ショパン)

これが単なる練習曲として作られたというのは信じられませんね。ショパンの才能に脱帽です。

この愛称はショパンを題材にしたフランス映画の邦題に由来するといわれています。ショパン自身は特に自分の作品に名前をつけることはありませんでした。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥2,292 (2019/05/26 22:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

op.10-12「革命」

革命のエチュードもとても有名ですね。

sm21464330 辻井伸行 ショパン『革命のエチュード』 Nobyuki Tsujii chopin revolutionary etude private studio

この曲は演奏旅行でポーランドを離れていた時に祖国の革命が失敗し、故郷のワルシャワが陥落したという知らせを受けて絶望したショパンが作曲したと言われています。

ちなみに「革命」というタイトルをつけたのはフランツ・リストです。

他の作曲家の練習曲

ちなみに他の作曲家の練習曲はこんな感じです。

ツェルニー30番練習曲 第1番 ワンポイントレッスン

ツェルニーの練習曲と比べるとショパンの練習曲がいかに高い音楽性を持っているのかがわかりますね。

とにかく難しい

ショパンの練習曲はとにかく難しいことで有名です。

楽譜を見るだけでその難易度が分かります。

弾きこなすには高度な技術と芸術的センスが必要であるされており、まず初心者には弾くことが出来ません。

練習曲を弾くための練習をする必要があります。

構成

ショパンの練習曲は全部で27あり、3つの練習曲集で構成されています。

  • 12の練習曲 作品10
  • 12の練習曲 作品25
  • 3つの新練習曲

演奏会などでよく演奏されているのは上の2つが多いです。

3つの新練習曲はほとんど演奏されることはありません。

一番最初に出版された12の練習曲はショパンが23歳の時の作品ですから驚きです。

スポンサーリンク

op.10-4とは

op.10-4(12の練習曲作品10の4番)の譜面はこんな感じです。

冒頭です。

そしてフィナーレはこんな感じです。

両手とも大変急速、かつ半音、一音の細かい動きとオクターブを超える分散和音の動きが交互に現れる。海外では「Torrent(激発、迸り)」の愛称で呼ばれることもある。1曲の中でさまざまな技術を要するが、それほど難曲でもないという意見もある[3]。他の曲のように特定の動きに特化して指を酷使したりせず、すべての指の動きがバランスよく配置されており、演奏者への局所的な負担が少ない割には極めて激しく情熱的な演奏効果をあげることができるとも言える。音楽的表現の練習も含まれていることを忘れてはならない。(wikipedia)

スポンサーリンク

op.10-4聴き比べ

それではop10-4を聴き比べていきたいと思います。

Chopin:Etude Op.10-4 Cis-moll

これはHiroko Kawanoさんという方が弾いているんだそうです。

楽譜つきなので曲の流れと合わせて楽譜を読めばどこを弾いているのか分かりますね。

ヴァレンティーナ・リシッツァ

Chopin Etude Op 10 No.4 Valentina Lisitsa

続いてはウクライナのピアニストヴァレンティーナ・リシッツァの演奏です。

Youtube上では一番再生されているop.10-4の演奏動画ではないでしょうか。

彼女の演奏はとにかく速く、旋律が途切れることなく滑らかに流れていきます。

created by Rinker
¥4,386 (2019/05/26 22:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

エフゲニー・キーシン

Chopin – Etude Op. 10 No. 4 – Evgeny Kissin.

ロシアのピアニストエフゲニー・キーシンの演奏もとても速いです。

リシッツァの演奏に比べると幾分か荒々しさがあります。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥4,642 (2019/05/26 22:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

ホロヴィッツ

Horowitz-Chopin etude op.10 no.4

上の3人の演奏に比べるとホロヴィッツの演奏はかなり個性的です。

これだけ個性を前面に出しているピアニストもとても珍しいのではないでしょうか。

created by Rinker
¥1,500 (2019/05/26 22:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

リヒテル

Richter plays Chopin – Étude Op. 10, No. 4 in C-sharp minor (1989 – live)

20世紀最高のピアニストと言われるスヴァトスラフ・リヒテルの演奏はとにかく荒々しいです。

Chopin – Étude Op.10, No.4 – Sviatoslav Richter

これはかなり前の録音ですが、速すぎて何がなんだか分かりません。

小林愛実

Aimi Kobayashi – Etude in C sharp minor Op. 10 No. 4 (first stage)

小林愛実さんは小さい頃からピアニストとして活躍してきました。

これは2015年のショパンコンクールの予選の演奏です(多分)。指の動きがすごいですね。

created by Rinker
¥1,200 (2019/05/26 22:08:51時点 Amazon調べ-詳細)

中村紘子

ショパン 練習曲 作品10 第4番

ショパンコンクールに入賞経験もある世界的ピアニスト中村紘子さんの演奏です。

彼女は手が小さいことで有名ですが、それでもこのスピードで弾き切ってしまうのは驚きです。

created by Rinker
¥823 (2019/05/26 22:08:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

今回はショパンの練習曲op.10-4という作品の聴き比べをしてみました。

この曲は実際のところ他の練習曲に比べて難易度が若干低いようで、アマチュアのピアニストでも弾いている動画をよく見かけます。

速く弾けば弾くほど演奏効果が高いので「カッコいい」という印象が持たれることも一因にあるかもしれませんね。

ただし一流のピアニストたちの演奏と比べるとやっぱり粗さが目立ってしまうのもまた事実です。

より完成度の高さを求めるのならプロの演奏を聴くのが一番です。

オススメはイタリアのピアニストマウリツィオ・ポリーニの録音です。

ポリーニの完璧過ぎる演奏は聴く人に「まさにショパン」と言わしめる説得力があります。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック
¥1,461 (2019/05/26 22:08:52時点 Amazon調べ-詳細)

コメント