サイバーマンデー期間中はkindleが3ヶ月99円で読み放題!
今年最後のビッグセール

アマゾンでは12/9(月曜)まで今年最後のビッグセール「サイバーマンデー」を開催中。買い物するなら今がチャンスKindleも6000円オフです。

タイムセールへGO
アマゾンのクーポン アマゾンタイムセール

【ウーバーイーツ】マック前で待機してても自分に配達依頼が来ない理由を分かりやすく解説する。

ウーバーイーツ
※年に一度のサイバーマンデー
アマゾンの今年最後のビッグセール「サイバーマンデー」開催中。この期間中なら欲しかったものがお得に買えます。
 
さらにギフト券チャージなら2倍お得。買い物するなら今がチャンス。
 
さらにさらにこの期間中は本と漫画が読み放題のKindleunlimitedが3ヶ月99円。
 

ウーバーイーツのクーポン!

初めてUberEatsで料理を注文する時に使える1000円オフのクーポンコードは「8o9jya」。期間限定なのでお早めに。

 

UberEatsで料理を注文

配達員になったばかりの人は勘違いしがちですが、ウーバーイーツはアプリをオンにしていれば常に配達依頼が来るわけではありません。

ピーク時や雨の日はずっと数珠っていることが多いですが、それ以外は基本的に鳴る(配達依頼が入る)までどこかで待機している必要があります。

公園や自宅で待機する人もいるようですが、近くにレストランが無ければ一生呼ばれることは無いので繁華街をグルグル回ったり、自転車(バイク)を降りてじっと待っている人の方が多いです。

特にマックの前には待機している配達員が多く、ピーク時や土日には常に数人の配達員がマックの前で待機(いわゆる地蔵)している光景を目にします。

こういう私も配達が途切れた時にはマックの前でkindleを読んだりしています。

kindleunlimitedだと本と漫画が読み放題なので配達員におすすめです。

今なら初回30日間は無料で体験できるのでこの機会にぜひ。

しかしマックの前で待機していても

なんで俺がマックの目の前にいるのにどっかから来た配達員に依頼が来るんだよおおお。不公平だ。サポセンに訴えてやる。

という経験をしたことがある配達員もいるはずです。

自分が一番マックから近い場所にいるはずなのに何故かどっかから颯爽と現れて来た配達員が自分よりも先にピックしに来る。

インセがかかっている時はこれほど屈辱的なことはありません。

他の配達員を出し抜いて自分に配達依頼が入ると優越感に浸れますが、その逆は腹わた煮えくりかえるくらいの怒りが込み上げてきます。

しかしちょっと考えればこれはある意味当たり前のことだということが分かります。

マックの前に待機しているからと言って自分が最初に呼ばれるわけではないのです。

今回はその理由と待機するベストポジションについてちょこっと紹介します。

あくまで私の仮説ですが、それなりに理にかなっていると思うのでちょっとは役に立つと思います。

スポンサーリンク

マック前で待機する理由

多くの配達員がマックの前で待機する理由は「すぐ近くにいれば鳴りやすいから」だと思います。

マックは料理の単価が安いしすぐに出来上がるので注文数が圧倒的に多く、マックの前で待機していれば配達依頼も入りやすいというのはとても理にかなっています。

なので数珠ってたのに途切れたり、全然鳴らなくなった時にはとりあえずマックへ行く人が多いはず。

基本的にどんなに多くの配達員がマックの前で待機してても、注文がたくさん入っていれば10分くらい待てば自分にも回ってきますが、注文数が少ない時(渋い時)はいつまで経っても鳴らないこともあります。

そしてそんな時に限ってどっかからやって来た別の配達員に先に配達依頼を横取りされてしまうのです。

てめー横取りすんじゃねえ!こっちはどんだけ待ってると思ってやがんだ!!

と怒りに震えたことがある配達員も多いはずです。

スポンサーリンク

なぜ目の前にいて呼ばれないのか?

自分の方がマックに近いのに(目の前だから)遠くから来た配達員にピックを横取りされるのは不公平に思えます。

こういうことが続くと「優先組」という一部の配達員たちの存在がにわかに現実味を帯びて来ます。

しかしながらマックの前にいても別の場所から来た配達員に依頼が入るのはそれなりに理由があります。

所要時間は分単位まで

その理由とはズバリ「現在地とレストランの場所への所要時間は分単位までしか計測されないから」だと私は思っています。

ご存知のようにアプリをオンラインにしていて配達依頼が入るとスマホがピコンピコン鳴り出して、スマホの現在地とレストランとの距離のおおよその所要時間(車とバイク)が表示されます。

配達員は所要時間を見てあまりに遠すぎれば拒否してまた待機し続けますが、目の前で待機しているマックから配達が入れば基本的に1分と表示されます。

ちなみにこの「〜分」は自転車ではなくバイク(車)での所要時間です

しかし実際はマックの目の前にいるので1分どころか10秒くらいでお店に到着することが出来ます。

何が言いたいのかというと要するに

  • 所要時間は分単位でしか表示(計測)されない
  • どんなに近くても1分と表示される

のではないかということ。

どれだけマックの近くにいても(マックの店内にいても)、所要時間は1分と計測されてしまうのです。

ここまでくればなぜマックの目の前にいる自分ではなくどっかからやってきた配達員に横取りされるのかも納得がいきます。

つまりその配達員はマックのすぐ目の前とは言わないまでも「所要時間が1分圏内」の場所にいたのです。

この所要時間はバイク(車)での時間なのでたった1分ですが300メートルくらい離れていてもおかしくはありません。

お店の目の前で待機してても300メートル離れていても所要時間は同じ1分と計測されてしまうので、目の前で待機している自分が一番最初に呼ばれるとは限らないのです。

簡単に図にするとこんな感じ。

実際は直線距離で計測しているわけではないのでこの図は間違っていると思いますがイメージとしてはこんな感じです。

マックから同心円状に所要時間が計算され、1分圏内の人は全員同じ1分、2分圏内の人は全員2分圏内としてAIに認識され、そこからはランダムに(もしくは他の評価基準によって)配達員が選ばれるのではないかと思います。

いくらマックの目の前にいようと所要時間という点では1分圏内にいる他の配達員と何も変わりません。

つまりマック前に待機してようが自分が一番先に呼ばれるわけではないのです。

スポンサーリンク

待機するのにベストな場所は?

どうしてもマックしか配達したくないのであればマックの目の前にいてもいいですが、近くに他のレストランがあるのなら待機場所を少しずらしてみると鳴る確率が上がります。

中野坂上を例にとっていうとマックの近くにはモスバーガーもあります。

どちらの円もお店からの所要時間が1分圏内を表しているとすると、両方の店から同じ確率で呼ばれる待機場所は二つの円が重なるこの部分。

これはかなり乱暴な図ですが、こんなイメージで周りにあるレストランからの距離が等しい地点で待機すれば理論上は均等な確率で鳴りやすくなるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はマック前に待機していても自分が最初に呼ばれるとは限らない理由と、鳴りやすいベストポジションについてちょこっと紹介しました。

これは完全に私オリジナルな考えですが、自分で実践している感覚としてはかなり正確じゃないかなと思いっています。

いつもマックから少し離れた場所(150メートルくらい)で待機することが多いですが、呼ばれて行ってみると数人の配達員が待機している場面に何度も出くわしています。

現金払いをオンにしていることも理由の一つかもしれませんが、やぱりマック前で待機しても自分が最初に呼ばれるとは限らないと確信しています。

とは言ってもやっぱりマックは配達するのが簡単な上にドロップ先もすぐ近所なのですごく楽です。

なのでガッツリ稼ごうとしてない人はマック前待機だと自分のペースで配達出来るかも知れません。

ただしウーバーイーツは上手くやれば時給2000円も可能なのでダラダラ稼働するぐらいだったらしっかり稼働してがっつり稼ぐのがおすすめです。

コメント

本と漫画が読み放題のkindleunlimitedが初回30日間無料

本も漫画も読み放題のkindleunlimited。

タブレットでもスマホでも読めます。

タイのガイドブックも無料で読めるものがたくさん。

今なら初回30日間無料キャンペーンやってます。

タイトルとURLをコピーしました