【本と漫画が読み放題のKindleが今なら初回30日間無料】
ウバッグの最新在庫情報

ウーバーイーツ配達用バッグはアマゾンで定価で手に入ります。転売ヤーたちに高額転売される前にアマゾンで買いましょう。

在庫をチェック
【Youtube始めました】チャンネル登録よろしくお願いいたします
個人事業主が売上を下げて持続化給付金をもらう方法
持続化給付金の売上台帳を簡単に作る方法
ウーバーイーツ配達を10倍快適にする便利グッズ
プライム会員限定クーポン

アマゾンは10/13(火)10/14(水)のプライムデーで使える「中小企業応援1000円OFFクーポン券」を配布しています。10/12に配布終了なのでお早めに。

詳細はこちら

【バンコク】ボートで飛行機の墓場 (Airplane Graveyard)へ行く方法

タイの珍スポット一覧
Youtube始めました
2020年8月から「雑ログ」Youtubeをはじめました。
タイ旅行などの旅動画や、ピアノ練習動画をアップしていきます。
是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたします。
読み放題ならkindle

アマゾンのkindleunlimitedならタブレットでもスマホでも本や漫画やガイドブックが読み放題。

おすすめの漫画はこちらで紹介しています。

今なら初回30日間無料キャンペーン中。

アマゾンでチェック

売上台帳を簡単に作る方法

個人事業主が最大100万円受け取れる持続化給付金の申請には売上台帳が必要です。作っていない人は会計クラウド「弥生」ですぐに作成しましょう。

※5月11日追記:エアアジア乗り放題パスの有効期限が2021年6月30日まで延長されました。詳しくはこちら

前回書いた飛行機の墓場だが、タクシーとボートの2つの行き方がある。

地図を見ればわかる通り、バンコク中心部からは多少離れているが、川沿いを北上して行けばいいので比較的わかりやすい。 

タクシーを使う場合は地図を見せるか、ラームカムヘン大学辺りに行ってもらえばいいだろう。そこからは「Go straight」など口頭指示を出す。スクンビット通りからは大体100~120バーツくらいだろう。

スポンサーリンク
ギフト券チャージでもっとお得にお買い物
アマゾンで買い物するならギフト券チャージが断然オトク。 プライム会員なら最大2.5%ポイント還元されます。

ボートを使って安く行く場合

しかしボートを使えばさらに安く行くことが出来る。ボートは安い上に風が気持ちいいので、タイでボートに乗ってみたいという人は一石二鳥だ。

ちなみに使ったカメラはこちら。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥44,800 (2020/10/01 11:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

2万円代で光学30ズームの高コスパ。

Asok to Wat Sriboonreung

今回私が乗ったルートはアソークからワットスリブーンレンまでである。約46分かかった。

アソークPier 

ボート駅「アソーク」はMRTのペッチャブリー駅から徒歩で1分です。

BTSのアソーク駅とは別なので注意しましょう。

ちょうどラッシュアワーが終わった時間帯なので人が少ないです。

行き先と料金が書かれています。見方はなんとなくわかるでしょう。

目指すのは最終地点のWat Sriboonreungです。アソークからはたったの17バーツ。

Prasanmit方面のボートに乗ります。

これです。向かって左側に進むボートに乗ります。逆方向だとプラチナムショッピングモールの方へ行ってしまいます。

しばしボートクルーズを楽しみます。

created by Rinker
トラベルミン
¥658 (2020/10/01 13:26:01時点 Amazon調べ-詳細)
ちょっと揺れるので酔う人もいるかも。

10分くらい経つとそこはもう高層ビルが乱立する中心部とは無縁です。

しかし46分はちょっと長い。

Wat Sriboonreungに到着

無事到着しました。最終地点なので間違えることはありません。

Wat(ワット)とはお寺という意味です。すぐ正面に寺院が見えます。

ボートを降りたらお寺を左に見ながら川沿いを進みます。

階段を上がり

下がり

川を渡ります。

川を渡ったら左の野原に降ります。

こんなものも。

するとひらけた場所に出るのでここをまっすぐです。

飛行機が見えます。これはちゃんとした入り口の反対側になります。

多少アバウトですが、一本道なので迷うことはありません。もし迷いそうだったらGoogleMapで現在地を確かめましょう。

バンコク某所にある謎だらけの飛行機の墓場。機内の写真撮影も出来る。
バンコク某所にある飛行機の墓場の場所・行き方を紹介。200バーツで機内も撮影可。オリエントタイ航空の機体だとされているが真相はいかに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました