【レビュー】ウバッグの代わりにおすすめの業務用デリバリーバッグ【配達員必見】
配達員必見の暑さ対策グッズ!!

夏の暑い日の配達におすすめな暑さ対策グッズを紹介&レビューしました↓

今すぐチェック
ウーバーイーツにおすすめな自転車を徹底比較!フーデリ配達員必見🚴‍♀️
【YOUTUBE】2022年5月タイ・チェンマイ旅動画更新中✈️お洒落なカフェ☕️と絶景スポット🌇
アマゾンで買い物するならギフト券チャージが断然オトク 最大2.5%ポイント還元中💰
短期バイトなら治験がおすすめ 1泊2万円案件あり【解説記事あり】🛏

【必見】格安SIMの初期費用(登録事務手数料)をタダにする方法

雑学(trivia)
雑ログYOUTUBE

2022年5月のタイ旅行動画や飼い猫動画をアップしています。

お洒落なカフェや絶景スポット、キャンプ動画などなど。

読み放題ならkindle

アマゾンのkindleunlimitedならタブレットでもスマホでも本や漫画やガイドブックが読み放題。

おすすめの漫画はこちらで紹介しています。

今なら初回30日間無料キャンペーン中。

アマゾンでチェック

格安SIMを契約する時に必ずかかるのが「登録事務手数料」。

2020年3月現在、格安SIMを提供するMVNOキャリアは10社以上ありますが、どのキャリアでSIMを契約する時にも必ずこの登録事務手数料がかかります。

登録事務手数料は一律で3000円(税込3300円)かかることになっていますが

ちょっと高いな….、出来れば払いたくないな。

と思った人は私だけではないはず(多分)。

実はある方法を使えばこの登録事務手数料を3000円からタダにすることが出来るのです。

今回はその方法を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク
アマギフ
ギフト券チャージでもっとお得にお買い物
普段からアマゾンで買い物するならギフト券チャージが断然オトク。 プライム会員なら最大2.5%ポイント還元されます。1万円チャージすれば250pt、10万円チャージすれば2500ptも。有効期限は10年もあるので安心です。

登録事務手数料とは

まずは登録事務手数料の簡単な説明から。

格安SIMを契約するには必ず「登録事務手数料」がかかります。

登録事務手数料はどのMVNOキャリアも一律で3000円(税込み3300円)で、契約するときに必ずかかる手数料。

私が使っているマイネオの場合は契約手続きを進めていくとこんな感じで自動的に追加されます。

「契約事務手数料」が3300円となっています。

契約した月のみ、月額費用プラスこの契約事務手数料3300円、そしてSIMカード発行料440円を払う必要があります。

スポンサーリンク

3000円をタダにする方法

主要キャリアに比べれば格安SIM事務手数料の3000円はそれほど高いわけではありません。

しかしSIMを契約するだけなのに事務手数料として3000円も取られてしまうのはちょっとテンションが下がります。

食費は毎月3万円(お酒は2万)で生活している私のような低所得者にとってはかなり大きな出費です。

今の時代、3000円あればLCCで普通に海外に行けてしまいます(参考:エアアジア乗り放題パス)ので、出来ればこの3000円をなんとか無くしたいところ。

そこで登場するのがエントリーパッケージ

エントリパッケージを使えばこの3000円をタダにすることができるのです。

スポンサーリンク

エントリーパッケージとは

エントリーパッケージとは、16桁のエントリーコードが記載された用紙が封入されているもの。

上にも書いてあるように、この16桁のエントリーコードを契約する時に入力すれば3000円が無料になるのです(Webでの申し込みのみ)。

こんな感じで16桁の数字だけが入っています。

ダウンロード版と郵送版があり、主にアマゾンで購入することが出来ます。

申し込みの時このエントリーコードを入力すると

初期費用から3000円が引かれてSIMカード発行料のみ表示されます。

スポンサーリンク

エントリパッケージがあるMVNO

そこではここでエントリーパッケージがあるキャリアを紹介します。

キャリアによって名称は色々ですが、全て事務手数料を無料にするエントリーコードが封入されています。

マイネオ

私が使っているマイネオ。

最低利用期間も解約金も一切発生しないのでとにかく安く済ませたいという方におすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEやツイッター、ファイスブックなどのSNSなどがデータ無制限で使えるのが魅力のキャリアです。

NUROモバイル

NUROモバイルのエントリパッケージはちょっと高いですね。

BIGLOBEモバイル

UQモバイル

LinksMate

OCNモバイル

IIjmio

Y!モバイル

スポンサーリンク

イオンモバイルの初期費用を安くする方法

格安SIMのイオンモバイルにはエントリパッケージがありませんが、ちょっとした裏技を使うと初期費用を安くすることが出来ます。

それはズバリ「ポイントサイト経由で契約すること」。

ポイントサイトのECナビ経由でイオンモバイルに契約すると40000ポイント(4000円相当)がもらえます。

普通に契約していれば3000円払わなくてはいけないのに、ポイントサイトを経由すれば4000円相当のポイントがもらえてしまうのです。

つまり実質1000円もらって契約しているようなもの。

サイトの登録も簡単なのでイオンモバイルを契約するときは必ずポイントサイト経由で契約しましょう。

もちろん登録は無料です。

ECナビに登録してみる

ポイントサイトに似たようなものにセルフバックというものがあります。

仕組みは同じなのでこちらもぜひチェックしてみてください。

イオンモバイルの公式サイトはこちら。

イオンモバイルの公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

今回は格安SIM契約時にかかる登録事務手数料3000円をタダにする方法を紹介しました。

エントリパッケージの存在は意外と知られていないようなので、これから格安SIMを契約しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

たかが3000円、されど3000円です。

ちなみに私がおすすめする格安SIMはマイネオ

なんと言っても最低利用期間と解約金が一切かからないのが魅力です。

データSIMだろうか音声通話SIMだろうが、途中で解約しても一切お金はかかりません。

今なら下記リンク限定の1000円分の電子マネープレゼントキャンペーン実施中です。

マイネオの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました