【UberEats配達員必見】ウバッグの代わりに使える市販のデリバリーバッグ【レビュー】
ウバッグの最新在庫情報

ウーバーイーツ配達バッグ「ウバッグ」はアマゾンの公式サイトから定価4000円で購入しましょう!在庫が無い場合は市販のデリバリーバッグで代用も可↑↑

在庫をチェック
ウーバーイーツ配達用バッグ購入はアマゾン公式サイトから!転売品に注意!
【YOUTUBE】タイ旅行・ピアノ・猫、ソロキャン動画
【スマホで完結】「みんなの銀行」口座開設で1000円もらえる【紹介コード:cuvVkojT】
短期バイトなら治験がおすすめ 1泊2万円案件あり【解説記事はこちら】

【ウーバーイーツ】雨の日の配達にはレインウェアが必須。おすすめはゴアテックス。

ウーバーイーツ
Youtube始めました
2020年8月から「雑ログ」Youtubeをはじめました。
タイ旅行などの旅動画や、ピアノ練習動画をアップしていきます。
是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

10月も半ばになると日の入りも早くなり、急激に気温が下がってきました。

さらに毎週のように巨大な台風が日本に上陸したり、週末に大雨が降ったりで、自転車で配達するのが大変極まりないです。

雨が降ったら休めばいい話ですが、雨の日には雨インセが出るので効率的に稼ぐためには稼働したい気持ちもあります。

そんな時に必要なのが雨対策グッズ。

雨の中いかにストレス無く配達することが出来るのかがとても大切になってきます。

中でも一番重要なのがレインウェア

夏の間は暑いのでレインウェアを着なくてもなんとかなりましたが、これからの寒い季節はレインウェアがないと確実に風邪を引きます。

そこで今回はウーバーイーツの配達におすすめのレインウェアや、私が実際に使っているレインウェアについて紹介します。

スポンサーリンク
ギフト券チャージでもっとお得にお買い物
普段からアマゾンで買い物するならギフト券チャージが断然オトク。 プライム会員なら最大2.5%ポイント還元されます。1万円チャージすれば250pt、10万円チャージすれば2500ptも。有効期限は10年もあるので安心です。

雨に濡れると体力が消耗する理由

雨に濡れると普段の何倍も疲れることは誰だって経験的に知っていますが、その理由まで知っている方はそれほど多くないと思います。

雨に濡れると体力を消耗する理由はズバリ「吸熱と発熱」。

吸熱とは文字通り水が熱を吸い取る作用(性質)のこと。

水は吸熱がかなり大きく、どんなに熱いものでも水をかければ(蒸発と共に)すぐに冷えます。

発熱体である人間の身体も同様で、身体が濡れてしまうと水によって身体が急激に冷やされてしまいます。

人間の身体は体温を一定に保とうとする機能(ホメオスタシスともいう)があるので発熱によって冷えた身体を温めようとしますが、その時には当然エネルギーを使います。

つまり

「発熱する→エネルギー(体力)消耗=疲れる

というわけです。

特に頭からの発熱はかなり大きいので、髪が濡れると疲れが早かったり風邪を引きやすかったりするのです。

なのでレインウェアを着ないで稼働すると単に自転車を漕いで疲れるだけでなく、普段よりも多く発熱するので二重に疲れてしまうのです。

夏の間は雨が降っていてもTシャツで稼働している配達員をよく見かけましたが、いくら気温が暑くても体力はどんどん失われていくのであまり効率的ではありません。

ましては寒い季節にレインウェア無しで稼働するのは理解不能です。

当たり前ですが効率は悪いし、99%風邪を引くのでやめましょう。

スポンサーリンク

ゴアテックスが一番人気

そこで今一番人気なレインウェアがゴアテックス(GORE-TEX)生地を使ったもの。

ゴアテックスはアメリカの企業ゴアが開発した防水透湿性素材の商標名です。

ゴアテックスの特徴を一言でいえば「水蒸気は通すが雨は通さない」こと。

身体から出る水蒸気は全て外に出て行くの着ていても蒸れることは無い上に、雨は弾き返すので服の中は常に快適な状態。

湿度が高くてじめじめしてる梅雨の時期には最高ですね。

防水性・暴風性・透湿性に関していえば間違いなくゴアテックスがナンバーワンです。

耐水性が凄まじい

ゴアテックスが特に優れているのが耐水性。

一般的に大雨が降ると服に10000mmくらいの水圧がかかり、台風だと20000mmくらいの水圧がかかるとされています。

しかしゴアテックスは耐水圧が50000mm以上

単純に考えて台風が2つと大雨が1つ同時に来てもビクともしません(そんなことは起きませんが)。

モンベル、プロモンテ、ザノースフェイス、マーモット、バートンと言った超有名アウトドアブランドもゴアテックスを採用しています。

モンベルは言わずと知れたアウトドアブランドですね。

私のソロキャン道具もモンベルが多いです。

ノースフェイスは若者に人気のアパレルですが本来は登山などのアウトドアブランド。

マーモットはちょっと高級なイメージです。

バートンはスノボージャケットなどで有名ですね。

デザイン的にもオシャレなのでインフルエンサー配達員さんも使っているようです。

プロモンテは一般的にはちょっと知名度が落ちますがアウトドア業界の中ではスバルのような立ち位置です。

基本的にゴアテックス生地のレインウェアは有名ブランドしか採用していないので2万〜3万くらいするのですが、プロモンテはお手頃価格なのが嬉しいですね。

ちなみに日本のダイワもゴアテックスを採用したレインウェアを販売しています(売り切れてるかも)。

ゴアテックスの耐水性を調べてみた

ゴアテックス製レインウェアの耐水性がどれくらいなのか実際にシャワーで検証してみました。

こちらは私が愛用してるモンベルのレインウェア。

2万くらいしましたがもちろんゴアテックス生地が使われています。

シャワーを浴びせます。

20秒くらいシャワーするとどうなるのでしょうか。

かなりビシャビシャになるまで水をかけました。

普通のレインウェアならこの時点で内側までしみ込んできてしまい、もはや使い物にならなくなっていますがゴアテックスはどうなのでしょうか。

少し水滴が残っていますがこれは撥水性が優れている証拠です。

数回バサバサするだけで水滴が落ちてしまいました。

ご覧のように内側は全く滲みていません。

後ほど紹介しますが私が以前使っていた3000円台のレインウェアとは比べ物にならないくらいの耐水圧です。

ゴアテックスってそんなにすごいの??

と思った方はぜひお近くのアウトレットなどに行ってみてください。

三井アウトレットパークにて

触ってみればそこら辺のチャチなレインウェアとは格段に作り込まれた生地だと言うことが分かります。

ハッキリ言ってゴアテックスは最強です。

ゴアテックスを着て稼働しているウーバー配達員もたくさんいますね。

下でも紹介していますがゴアテックスは防水シューズも人気がありますよね。

スポンサーリンク

普通のレインウェアでもOK

ゴアテックスがいかに素晴らしい素材なのかはわかったと思いますが、

ゴアテックス高すぎ!!

というのが正直な感想だと思います。

雨の日にゴアテックスを着ていれば最強なのはわかりましたが、それにしてもやはりちょと高い

私も今はゴアテックスのレインウェアを使っていますが、配達1年目は安物のレインウェアを使っていました。

私が使っていたのは耐水圧が10000mmのマックというブランドのレインウェアです。

ゴアテックス並みの耐水性・透湿性は期待出来ませんが、小雨くらいなら十分水滴を弾いてくれました。

正直なところ機能に関してはどこも同じなので、デザインと価格帯で選ぶのが良いと思います。

私は完全に安さで選びました。

しかしながら、小雨程度ならへっちゃらですが激しい雨の日にはかなり中まで浸みてきました。

ちゃんと弾いてるように見えても水が浸みて黒くなっているのがわかりますね。

ゴアテックスのレインウェアと比べてみるとその差は歴然↓

ゴアテックスは撥水性も優れているので内側にしみるどころか水滴さえも残っていません。

秋は寒かった

マックのレインウェアの内側はこんな感じで水滴がポタポタしたたるくらい濡れてます。

しかも買ってから数週間経つと徐々に撥水性が無くなってきて完全にレインウェアとしての機能を失ってしまいました(ただのごわごわするパーカーになった)。

夏は体がクールダウンしてちょうどいいですが、秋や冬はやっぱり寒いです。

安いレインウェアはオールシーズンというわけにはいきませんので、「夏は雨降っても稼働する。冬は休む」という風に割り切るならこの価格帯でもいいかと思います。

この価格帯(3000円〜5000円)のレインウェアは他にもいくつかあります。

デザイン性で言えばアオキの方がかっこいいですね。

細身でシュッとしていてて着膨れしなさそうです(こっちを買えばよかったかも)。

ドキュメントのレインスーツも見た目がかっこいいです。

脇の下のスリット(?)が入っていると細身に見えます。

生地にはゴアテックスではなく「WINTEX」を使っていますが、こちらも軽くムレにくい防水透湿素材なので梅雨の時期でも快適ですね。

さらにかっこよさを求めるならピラルクのレインシェイカーがおすすめです。

created by Rinker
PIRARUCU(ピラルク)
¥4,042 (2021/06/24 14:39:35時点 Amazon調べ-詳細)

ぱっと見はオラオラ系ジャケットですが、首元までしっかりガードされているので身体の中に雨が入るのを防いでくれます。

スポンサーリンク

オールシーズン使うなら6000円台〜を買おう

夏ならお手頃な価格のレインウェアでも充分ですが、寒い季節はかなり厳しいです。

特に10月〜11月や3月〜4月の雨の日はかなり気温が下がるので服の中に雨が滲みてくると普通に風邪を引きます(経験済み)。

12月〜2月は雨がほとんど降らないので必要ありませんが、寒い季節の雨の日に稼働するのならもっとしっかりと水を弾くレインウェアを買っておくことをおすすめします。

最低でも耐水圧が20000mm以上(マックは10000mm)のものを着込めば寒い日でも風邪を引かずに稼働できると思います。

このくらいのスペックになると価格も6000円台〜と少し高額になりますが、安いレインウェアとの差はたった2000円くらいですのでここはケチらずに高いものを買いましょう。

ブルブル震えながら自転車を漕いで体温をあげようとしても、体力が無駄に消耗するだけなので結局風邪を引いてしまいます(経験済み)。

この価格帯のレインウェアだと耐水圧が20000mmのネームレスエイジがゴアテックスの代わりとしては一番コスパが良いですね。

耐水圧が20000mmあれば土砂降りになっても服の中は快適。

2021年5月現在、レインウェア部門ではアマゾンベストセラー商品1位となっています。

最近は耐水圧が25000mmのレインウェアも出てきましたね。

20000mmと比べて値段が2000円ほど違いますが、個人的には20000mmで十分かなあと思います。

ネームレスエイジは2008年に日本で創業されたブランドなので性能面に心配はなさそうですね。

アマゾンでチェック

レインウェアは値段と性能が比例しますが、最低でも4000円台〜、オールシーズン使うなら6000円台〜のものを用意しておけばほぼ問題はありません。

あとはやはり見た目のデザインが重要。

雨の日はただでさえテンションが下がるので、自分が気に入っているデザインのレインウェアを着て少しでも気分を盛り上げるのは大切です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はウーバーイーツの配達におすすめなレインウェアと、私が実際に使っているレインウェアを紹介しました。

正直言って雨の日もがっつり稼働するならゴアテックスを買った方が良いと思います。

3000円のレインウェアだと大雨の日はほとんど意味がありませんし、身体が濡れると体力の消耗が激しいです。

それだったらちょっと高いけどゴアテックスを買って、雨の日に効率良く稼働して元を取った方がいいと気がします。

ゴアテックスのレインウェアは配達以外でも色んな場面で役立ちそうだし、結構長持ちしそうです。

「元々雨の日はそんなに稼働しない」という方には私が買ったレインウェアがおすすめです。

「雨の日にも稼働したいけどゴアテックスは高すぎる」という方には中間の価格帯のレインウェアがおすすめです。

ちなみにアマゾンベストセラーはこちら。

※2021年3月追記:最近はお手頃価格でゴアテックスのレインウェアが手に入るようになりました。

上下セットでこの値段はかなりお得です(アマゾンのみ)。

耐水圧は最低でも20000mmあった方が安心です。

  • 大雨:10000mm
  • 台風:20000mm

インナーもあったら便利ですね。

レインウェア以外の雨対策グッズはこちら。

アマゾンで買い物をするときはアマゾンギフト券にチャージすると最大2.5%ポイント還元されるのでまだチャージしていない方はこの機会にぜひ試して見ましょう。

アマゾンギフト券にチャージする

コメント

タイトルとURLをコピーしました