サイバーマンデー期間中はkindleが3ヶ月99円で読み放題!
今年最後のビッグセール

アマゾンでは12/9(月曜)まで今年最後のビッグセール「サイバーマンデー」を開催中。買い物するなら今がチャンスKindleも6000円オフです。

タイムセールへGO
アマゾンのクーポン アマゾンタイムセール

旅行用の圧縮袋比較。ビニールよりもファスナー式ポーチの方が便利かも。

LCCお役立ち情報
※年に一度のサイバーマンデー
アマゾンの今年最後のビッグセール「サイバーマンデー」開催中。この期間中なら欲しかったものがお得に買えます。
 
さらにギフト券チャージなら2倍お得。買い物するなら今がチャンス。
 
さらにさらにこの期間中は本と漫画が読み放題のKindleunlimitedが3ヶ月99円。
 

ウーバーイーツのクーポン!

初めてUberEatsで料理を注文する時に使える1000円オフのクーポンコードは「8o9jya」。期間限定なのでお早めに。

 

UberEatsで料理を注文

今年の年末にはタイに行こうと思ってぼちぼち少しずつ荷造りを始めようかと思っていたのですが

そういえば圧縮袋あったっけ??この前破れたんだよな。

ということを思い出しました。

旅行には当然衣服を持っていきますが、そのまま持って行くとかなりかさばるのでほとんどの人が圧縮袋を使うと思います。

こういう私も初めてひとり旅をして以来、海外旅行(国内も)に行くときには空気を抜ける圧縮袋を使っています。

買ったのはこういう一般的なタイプ。

しかし前回のマレーシア旅行の際にペナン島で圧縮袋が破けたのを思い出し、圧縮袋に変わるものが無いか探してみたところ、衣類用の圧縮ポーチというものがあったのでアマゾンで買ってみました。

実際に服を詰めてみたのですが、従来の圧縮袋よりも使い勝手が良くてなかなか気に入ったので結構気に入っています。

そこで今回は旅行用の圧縮袋選びに悩んでいる方向けにビニールタイプの圧縮袋とファスナータイプの圧縮ポーチを比較してみました。

これから旅行に行く人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

従来の圧縮袋

これまでずっと使ってきたのは一般的な透明な圧縮袋。

created by Rinker
エムワールド(Emu-world)
¥1,425 (2019/12/08 19:53:40時点 Amazon調べ-詳細)

おそらく多くの人が使っているのがこの透明な袋だと思います。

空気を抜くことが出来るのでセーターやズボンなど分厚いものを入れてもかなり小さくなります。

多分これ以上小さくすることは物理的に無理でしょう。

セーターをそのまま入れたらリュックがパンパンになりますが圧縮袋で空気を抜いているのでコンパクト。

32Lのデイバッグなら余裕で入ります。

created by Rinker
山本
¥5,940 (2019/12/08 19:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

圧縮袋は破れる

圧縮袋の弱点は耐久性

割と厚みのあるビニールで出来ていますが何度も使っていると突然破けたりします。

この前マレーシアに行った時に圧縮したら破れました。

元々荷物が少ないのでそんなに大ごとにはなりませんでしたが、衣服が多いとかなり困ります。

ただしビニールなので予備の袋を畳んで持っていけばかさばらないし破れた時でも対処出来ます。

買うときはちゃんと口の部分にクリップみたいなヤツが付いているタイプを買いましょう。

これが無いと閉じるときにかなり苦労します。

スポンサーリンク

ファスナー式圧縮ポーチ

続いては今回初めて買ってみたファスナー式の圧縮ポーチ。

価格は容量によって異なりますが、だいたい1000円〜3000円くらいが相場です。

その中から無難な2000円の収納ポーチを買いました。

アマゾンの写真と色が全然違う。まあいいけど。

見た目は超シンプル、そして薄い。

表面が防滴仕様になっているので水を弾くそうです。

中国製ですが作りはかなりしっかりしています。

まあ服を詰めるのでかなり丈夫で無いと困りますからね。

こんな感じで上下に二つの収納スペースがあります。

靴下とかインナーなどの小物とアウターを分けられるので結構便利。

あとは綺麗な服と汚い服を分けたりするのにも便利ですね。

圧縮袋だと袋の一番下にある靴下を取るために一度全部出さなきゃいけなかったりするので面倒ですよね。

ファスナーも結構頑丈そうです。

それでは服を詰めていきます。

今回は近くにあった服を片っ端から詰め込んでみましたが(畳むのが面倒だった)、旅行に行く時はちゃんと畳んでから入れるのがおすすめです。

横から見ると完全にキャパオーバーしてます。

食べ頃のハマグリって感じでぱっくり開いています。

ちなみに詰めたものはビニールの圧縮袋と同じ。

  • 厚手のセーター1着
  • 薄手のセーター1着
  • 薄手のパーカー1着
  • ヒートテック2着
  • 寝間着のフリース(ズボン)
  • パンツ1着
  • ネックウォーマー1つ

厚手のセーターがかなりかさばります。

上から力を加えて少しずつファスナーを閉めていきます。

ファスナーが一つしか無いので少し不便(マイナスポイント)。

半分くらいファスナーを閉めるとここまでコンパクトに。

空気を抜いているわけではないのに上から力を加えると意外と小さくなります。

ここまで閉めればあとは簡単。

これで収納スペースのファスナーは閉め終わりました。

最後に真ん中のファスナー(赤いやつ)を閉めてさらに小さくします。

ここまでコンパクトになりました。

最初の状態と比べると一目瞭然。

畳まずにごちゃごちゃのまま入れてもこの大きさなので、ちゃんと畳んで入れたらもっと小さくなるはずです。

セーターのせいでかなりパンパンになっていますが糸のほつれなどもありません。

大きさ的にも空気を抜いた圧縮袋とあんまり変わりません(若干大きいかも)。

こちらもしっかりリュックに入ります。

空気を抜かないでこの大きさまでコンパクトになってくれるのは本当に助かります。

LCCにばっかり乗っていると荷物も少なくしないといけないので、こんなに小さくなってくれるのは嬉しいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は旅行用の圧縮袋選びに悩んでいる方向けにビニールタイプの圧縮袋とファスナータイプの圧縮ポーチを比較してみました。

今回私が買ったのがこれ。

結論としてファスナー式の圧縮ポーチも十分旅行用に使えると思います。

ほとんどが中国製ですがそれなりの値段もするのに簡単に破けないような作りになっているし、そこそこ衣服を詰めてもファスナーを閉めるだけでコンパクトになります。

見た目的にも悪く無いので空港で荷物を広げるときにも恥ずかしい思いをしなくて済みます。

ただ若干気になったのがファスナーが一つしか無いことです。

そんなに簡単に壊れなさそうですが、万が一ファスナーが外れてしまった時はジ・エンド

そんな時のためにファスナーが2つあるタイプの圧縮ポーチを買うか、万が一の為に圧縮袋も1枚くらい持って行った方がいいかもしれません。

ファスナーが2つの圧縮ポーチはこちら。

旅行先では何が起こるかわからないので必需品は常に余分に持って行った方が無難ですからね。

ホテル予約のお得なクーポン

【世界最大の宿泊予約サイトBooking.com】

当サイト限定の2000円OFFチケット配付中(残り6枚)!

 

2000円OFFクーポンゲット

 

【最安値保証のAgoda】

私が普段から使っている予約サイトがAgoda。今ならアプリ予約で12%オフで泊まれます。

 

割引クーポンGET

 

【民泊のAirbnb】

Airbnb(エアビー)は世界最大の民泊予約サイト。現地の家やアパートに泊まれます(私も以前ホストしてました)。

 

5000円OFFクーポンゲット

サイバーマンデー期間中は6000円OFF


LCCお役立ち情報買ったもの
スポンサーリンク
HIKARUをフォローする
雑ログ

コメント

本と漫画が読み放題のkindleunlimitedが初回30日間無料

本も漫画も読み放題のkindleunlimited。

タブレットでもスマホでも読めます。

タイのガイドブックも無料で読めるものがたくさん。

今なら初回30日間無料キャンペーンやってます。

タイトルとURLをコピーしました