【アマゾン】増税前最後のタイムセール中【9/23まで】

タイって日本語が通じるの?英語が出来れば大丈夫?旅行者の疑問を解決

タイ旅行者必読

タイにこれから行く人の中には「タイ語なんか話せないし、そもそも英語も全然ダメだけど大丈夫?」と心配している人もいるかと思います。

私の周りにも言葉の壁が心配で海外旅行を諦めるという人が数人います。

やっぱり海外旅行というと「最低でも英語は出来ないとダメ」という固定観念みたいなのがいまだに根強いようです。

しかし実際はそんなことはなく、現地の言葉が分からなくたって英語が話せなくたって海外旅行には行けちゃいます。だからそんな理由で諦めるのはとても勿体無いです。

なんたって日本のパスポートはビザ無しで殆どどこの国にでも行ける最強のパスポートなのですから。

そこで今回はタイを例にとって「海外旅行に英語は必須ではない(もちろんタイ語も)、でも話せた方が良い」ということをちょっとだけお話しようと思います。

スポンサーリンク

タイで日本語は殆ど通じない

まず、当然のことですがタイでは日本語は通じません

タイの公用語はタイ語であり、英語でも日本語でもありません。一般的なタイ人がペラペラと日本語を話しかけてくる、ということは(ぼったくりや客引き以外には)まずありません。

たまに「日本語を勉強しました」というタイ人はいますが、台湾や韓国に比べたら数は少ないと思います。

なので「タイでは日本語が通じない」ということは大前提として知っておくべきだと思います。日本語で話しかけても「あ?」という顔をされます。

日本のことは知っている

しかしながらタイは親日国として有名です。タイ王国と皇室との繋がりもあるし、文化的な交流も活発なので日本のアニメやマンガや有名人などを知っていることはあります。

街中でもよく(変な)日本語を見つけることがあります。

タイで見つけた変な日本語表記約50選

また変な日本語がプリントされたTシャツも大量に売っています。

【タイ】バンコクで見つけた変な(面白い)日本語Tシャツその1〜随時更新〜

 しかし、いくら街中で日本語を見かけると言っても日本語を話すわけではないので勘違いしないようにしましょう。

英語はそこそこ通じる

タイは観光立国としても有名で年間で大体年間に3500万人(こちら参照)の外国人が訪れると言われています。それだけ観光客が訪れるわけなので、英語はそこそこ通じると言えます。

バンコクを例に挙げると、タクシー(バイタク)の運転手、コンビニ・スーパーの店員、屋台のおばちゃん、警察官、空港にいる人、ホテルのフロント、街中にいるタイ人(?)は割と英語が通じます。

通じると言ってももちろんシンガポールみたいに英語が公用語なわけではないのでカタコト英語が多めですが、旅行中にはそれだけで事足ります。

例えば困った時に「I want to Go to~(指差し)」とか「Where taxi?」とかのカタコト英語で話しても十分コミュニケーションが取れます。

観光客が多いバンコク市内だと問題はありませんが、地方に行ったりするとホテルのフロントであっても全く英語を話さないという場合もたまにあります。

しかしジェスチャーをしたり紙に書いたりすることでコミュニケーションは取ることが出来ます。

日常英会話は出来た方が良い

上にも書きましたが、英語(タイ語)が話せなくても観光することは出来ます。でもやっぱりコミュニケーションが円滑に取れないのは不便です。特に

  • トイレの場所を知りたい
  • バスが来る時間を知りたい
  • 生ものかどうか知りたい
  • 値下げしてくれるか知りたい

などの場面は旅行者にありがちですが、英語が全く出来ないと困ってしまいます。

ジェスチャーやスマホを使うことで回避出来ることはありますが、毎回そんなことをしていたら時間のムダになり、旅行の計画にも影響が出るかも知れません。

そうならない為にも日常英会話程度は話せるようになっておいた方が良いです。英語が少しでも話せると今まで不便だと思っていたことが全てスイスイ進むようになります。

またほんのちょっと英会話が出来れば色々なバックグラウンドの人たちと交流することが可能になるので、自分の視野が広がることも確実です。

旅行におすすめの英単語帳

今はYoutubeで無料で英語学習が出来る時代ですが、やっぱり単語帳は最低一冊あった方が良いです。私もYoutubeでタイ語を勉強したりしていましたが、基本的な単語を知らずに会話を聞いてもさっぱり理解出来ません。

外国語学習の大雑把な流れは

単語を覚える→その単語がよく使われる場面(パターン)を覚える→実践(真似)する

が一番効率いいと思います。言語学習の基本は何度も聴いて覚えて実践に移すことです。

そこで、私がおすすめする旅行用の英語学習書籍はこちらです。

この単語帳の特徴は「実用性の高さ」ですね。

細かい文法や構文といった、形式や枠を重視した英語にこだわらず、英語を母国語としない国の人でさえよく用いる、全世界的にもっとも一般的でカジュアルでシンプルで口語的な基本英語フレーズを、できるかぎり最低限度の数まで絞り込み、それだけでどんな場面にも対応しようという、いまだかつてなき超英会話学習帳。(アマゾンより引用

キクタンは私が高校の時に愛用していた単語帳です。英単語がメロディーに乗って流れてくるので耳で覚えやすいですね。

これは名前の通り旅行に持って行って「いざ」という時にパラパラめくる単語帳です。

「楽しい海外旅行がしたい」という人のお役に立てばとまとめられたのが、本書です。電車の切符を買うとき、レストランのメニューを眺めて食べたいものを探すとき、みやげ物の値段交渉をするとき、ズボンの裾上げをお願いするとき、スリにあってしまったとき…。さまざまな場面を想定して、旅行者が使いそうなセリフを、この一冊にぎっしりと詰め込みました。(アマゾンから引用

created by Rinker
¥734 (2019/09/23 01:19:11時点 Amazon調べ-詳細)

これは指差し会話帳です。サイズも小さくコンパクトなので携帯が楽です。トラブルになった時にページをめくって指を差せば良いだけなので英語で説明するのが難しい場合でも心配無用ですね。

英会話学習

もしこの機会に本格的に英語を勉強したいのであればオンライン英会話を受講してみるのも良いかも知れません。

今では会社なんかでもTOEICを受けさせることがあるようなので、TOEIC対策としても役立ちます。

こっちのオンライン英会話はフィリピン人先生から英語を学べます。ちなみにフィリピンは英語が公用語なのでネイティヴです。

タイ語も勉強しよう

タイ語のアルファベットは英語とは全く異なるのでいきなり文字を読んだり書いたりするのは難しいですが、日常会話(サワディーカ)などはすぐに覚えられます。

ありがとう(コープクンカ)、大丈夫です(マイペンライ)などだけでも知っていると買い物の時にちょっと使うことが出来ますね。

日本にいてもそう感じますが、外国人が自分の言葉をちょっとでも話してくれると現地の人にとってはかなり嬉しいものです。もしかしたらおまけをくれるかもしれませんね。

しかし、せっかくタイに行くのだから余裕があればタイ語も勉強してみるのもいいかも知れません。

これはカラーでイラスト付きの指差し会話帳です。私も持って行ったことがあります。タイ料理の名前とかマッサージの受け方とかが載ってて読んでいて面白いです。

「タイ語は勉強したい。でも旅行までに時間が….」という人はこちら。タイ語は割と一夜漬けでもいけます。

私は中身を読んだことはありませんが、タイトルの通りに親しい男女の間で使うタイ語がたくさん載っているそうです(いやらしい)。そっち方面に興味がある方はご一読ください。

心配だったらツアーで行こう

「一人旅や初海外でどうしても不安」という人は日本語対応のツアーに参加してみるのも良いでしょう。

現地でツアーに申し込むとどうしても英語のガイドになってしまいます。なので事前に日本人御用達ツアーに申し込んでおくと何も心配することなくタイ韓国を楽しむことが出来ます。

タイツアーはたくさんありますが、私がおすすめするのは下の3つです。

詳しくはそれぞれのホームページを見て欲しいのですが水上マーケットはこんな感じです。

フォトジェニックスポットはこんな感じ。

線路市場はこんな感じです。

以前全ての場所(水上マーケット、ピンクガネーシャ、線路市場)に日本から友人を連れて行ったのですがとても楽しんでました。

一人で行くのは大変ですしツアーがおすすめです。

世界最大のガネーシャ像があるタイのWat Phrong Akatに行って来ました

アユタヤ遺跡もおすすめ

バンコクの近場の観光地だとアユタヤ遺跡が一番人気ですね。人生で一度くらい象に乗ってみるのもアリです。

アユタヤ遺跡+象乗り体験+水上マーケット+メークロン線路市場 1日観光ツアー<ホテル送迎/ソンブーンのカニカレーランチ付きプランあり

アユタヤ遺跡+バンコク3大寺院 1日観光ツアー<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>

まとめ

タイでは日本語が通じませんが、英語はそこそこ通じます。ですが「英語が出来ないから….」でタイ旅行を諦めるのは勿体無いです。

英語は今後も長い間世界の共通言語となるわけですから、この機会にちょっとずつ勉強し始めるのも良いかも知れません。

最初はかなりとっつきづらいかも知れませんが、徐々に慣れてくれば英語を使うことが楽しくなるはずです。

そしてカタコトの英語でも良いので積極的に話しかけてみましょう。旅の恥はかき捨てですからね。

コメント