【タイ一人旅向け】初めてバンコクに行く人が知っておいて損しないこと〜空港から市内移動編〜

2018年11月9日

バンコクに着いたらまずしなければいけないのは空港から市内への移動です。ここがタイ旅行初心者にとっては最初の大きなハードルとなります。

スポンサードサーチ

ドンムアンから市内への移動はバスかタクシーのみ

2006年に出来たばかりのスワンナプーム空港はエアポートリンクという高速鉄道が直接市内まで繋がっているのでそこまで心配はありませんが、エアアジアやスクートといったLCCの発着点となるドンムアン空港はそうはいきません。

ドンムアン空港から市内への交通手段は2018年10月現在、バスかタクシーのみとなっています。

グループで旅行しているのならタクシーを利用するのも良いですが、ひとり旅だと高過ぎる。しかもタイ語が全然出来ない場合は行き先を伝える時にさらなる不安感に襲われます。

ドンムアン⇄バンコク市内間はエアポートバスで移動

そこで今回はドンムアン空港とバンコク市内の間をエアポートバスで移動する方法を記した記事をまとめてみました(といっても2つだけですが)。

タイに初めて来る、しかも一人で、という人は必見です

ドンムアン空港からバンコク市内へ

ドンムアン空港からバンコク市内へ移動するのに最も安く済む方法はA1エアポートバスに乗ることです。料金はたったの30バーツ

空港の6番到着ゲートを出るとA1と書かれた案内板が見つかります。5分おきにバスが来るので待ちましょう。

エアポートバスは大体30分くらいでBTSのモーチット駅というところで止まるのでそこで降車します。そこから市内中心部へはBTSかMRTを利用します。

バンコク市内からドンムアン空港

帰りも行きとほとんど変わりません。BTSモーチット駅からA1バスが出ているのでそれに乗り込むだけです。料金も行きと同じで30バーツだけです。

スポンサードサーチ

まとめ

ドンムアン空港とバンコク市内間のバス移動の方法をまとめてみました。タイ旅行が初めてだったり、そもそも海外が初めての人にとっては多少ハードルが高いかもしれませんが、実際に試してみると案外楽なものです。

ひとり旅なのに空港からタクシーを乗るのはもっとハードルが高いし料金も高いので(多分500バーツとか)、たった30バーツで移動できるエアポートバスに乗ってみるのがおすすめです。

ドンムアン空港でsimカードを買う方法

おまけでドンムアン空港でsimカードを購入する方法について書きました。simフリー端末を持って行くのを忘れないでください。

simカードは日本で買って行って現地で使うのもありですね。下は全て7日間データ通信無料のsimカードです。タイのsimは安いですね。

↓ここをポチッとすると良いことがあります↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ