【タイの珍お菓子】「あきこ」の正体は日本スタイルの駄菓子メーカーだった

2018年11月10日

先日僕がドンムアン空港から成田に帰る時に目撃した謎の「あきこTシャツ」と、以前に僕がタイ人の友人からもらった「あきこお菓子」

色々とネット調べていくうちに「あきこ」の正体が明らかになってきました。「あきこ」の正体とはズバリ、タイの駄菓子メーカーです。

というかグーグルで検索したらすぐに出てきました。

スポンサードサーチ

レトロな公式ホームページ

ここが先頭です。「Fun Start Here!」をクリックすると

こんなページ飛びます。ここはホームページに遊びにきた人用のページですが、とにかく文字化けがひどいです。「?」とあるのはおふざけでしょうか。

なのでIndexページに戻り、「OUR COMPANY」をクリックすると

これがあきこの公式ホームページです。文字化けしてます。多分ずっと前に作られてからずっとこのデザインだと思います。インターネット黎明期感があります。

ヘンテコなテレビの中に写っている人たちはおそらく社員さんではないかと思います。そうです。空港で目撃したあの「あきこTシャツ」の一団はもしかすると親戚ではなく、社員さんだったのではないでしょうか。

「あきこ」とは何か・少女の正体とは

あきこについてはこう書いてあります。

Aki-ko is the new kind of snck shop in Thailand with Modern Japanese style. 
Aki-ko is the pick and mix retail store chain of snacks and confectionary merchandising about 400 kind of products from all over the world to sell in our specialty aki-ko store. There are products sold by their weight. And products which are sold by Stock Keeping Unit (SKU). 

あきこは現代の日本スタイルを取り入れた新しいタイプの駄菓子屋です。全世界から集めた400種類以上のお菓子をあきこの小売店で売っています。重さ単位で売られているものもあれば、単品で売られているものもあります。

あきこは日本のスタイルを取り入れたタイの駄菓子屋さんでした。

ちなみに

SKU最小管理単位 (Stock Keeping Unit) の略。

例えば、「ある店舗で扱っているシャツはデザイン・色はすべて共通だが、サイズがS、M、L、XLの4種類ある」、もしくは「サイズはMのみだが、色は赤、青、白、緑の4種類ある」場合にはどちらの場合も「1アイテム4SKUある」と数える。

とのことです。全然知りませんでした。

またロゴの少女については

Today, in Thailand no one denied the introduction, booming and growing of the new concept of pick and mix retail store chain under �aki-ko� logo, the unhappy girl face which left question upon everyone who came across our trademark, why does she has such an unhappy face?

誰でも彼女の不幸せそうな顔を見た人はこう思うでしょう。「どうして彼女はあんなに不幸せそうなんだ?」と

これしか書いてありません。結局あの少女が誰なのかは以前としてミステリーです。

スポンサードサーチ

駄菓子は9カテゴリー400種類以上

あきこの駄菓子は大きく分けるとフルーツやナッツやハードキャンディなどの9つのカテゴリーに分類出来るそうです。

健康食品(Health Snacks)

何故か健康食品の中にせんべいが入っています。しかも「SENBEI」だったり「SENBIE」だったりしてます。ここら辺のテキトーさはタイならではです。

食べ物(Food)

「 Food」というめちゃくちゃ大雑把なカテゴリーですが、要するにクッキーや饅頭のことらしいです。

チョコレート(Chocolate)

「チョコ」を「CHOC」と訳しています。「STONE CHOCOBALL」は気になります。

あきこの支店はタイ国内に22店舗ある

The company has positioned itself as a modern retailer of snacks and confectionery products under the trademark “aki-ko”. 

Today, there are a total of 22 branches in Thailand within 3 years, 20 in Bangkok and the rest in other major provincial cities and about our franchising business in 1999 and aims to grow not only locally in Thailand, but worldwide as well.

なんと過去3年間で支店の数を22増やし、そのうちの20がバンコクにあるんだそうです。過去3年間が一体いつなのかは不明ですが、とにかくバンコクにこんなに数があるのに一度も見たことがないのは何故なんだろう。

確かにたくさんあるみたいです。

観光客で溢れかえっているサイアムにも何店舗か出店しているんだとか。今度行ってみよう。

スポンサードサーチ

「あきこ」まとめ

ここ数週間ずっと気になっていた「あきこ」の正体ですが、8割くらいは明らかになったので結構スッキリしました。まだあの少女の正体は不明ですが、恐らく会社に直接問い合わせてみないとダメでしょう。

ドンムアン空港で見かけたあの「あきこTシャツ」も、もしあきこの支店で売っているのなら次回タイに行った時に是非手に入れたいものです。

ホームページはこちらから。

タイのお菓子は日本名が多い

あきこの他にもTARO(たろう)というお菓子もあります。

created by Rinker
Little Shop Thai
¥1,837 (2018/11/14 16:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

他にはBENTO(弁当)も。

created by Rinker
Little Shop Thai
¥631 (2018/11/14 16:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

コアラのマーチもタイ仕様です。

↓ここをポチッとすると良いことがあります↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ