【本と漫画が読み放題のKindleが今なら初回30日間無料】
ウバッグの最新在庫情報

ウーバーイーツ配達用バッグはアマゾンで定価で手に入ります。転売ヤーたちに高額転売される前にアマゾンで買いましょう。

在庫をチェック
【Youtube始めました】チャンネル登録よろしくお願いいたします
個人事業主が売上を下げて持続化給付金をもらう方法
持続化給付金の売上台帳を簡単に作る方法
ウーバーイーツ配達を10倍快適にする便利グッズ
プライム会員限定クーポン

アマゾンは10/13(火)10/14(水)のプライムデーで使える「中小企業応援1000円OFFクーポン券」を配布しています。10/12に配布終了なのでお早めに。

1000円OFFクーポンをGET

【バンコク】工事中の地下鉄駅構内に潜り込んだら凄い光景に出くわした話

バンコク
Youtube始めました
2020年8月から「雑ログ」Youtubeをはじめました。
タイ旅行などの旅動画や、ピアノ練習動画をアップしていきます。
是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたします。
読み放題ならkindle

アマゾンのkindleunlimitedならタブレットでもスマホでも本や漫画やガイドブックが読み放題。

おすすめの漫画はこちらで紹介しています。

今なら初回30日間無料キャンペーン中。

アマゾンでチェック

売上台帳を簡単に作る方法

個人事業主が最大100万円受け取れる持続化給付金の申請には売上台帳が必要です。作っていない人は会計クラウド「弥生」ですぐに作成しましょう。

※5月11日追記:エアアジア乗り放題パスの有効期限が2021年6月30日まで延長されました。詳しくはこちら

先日バンコクの旧市街の辺りを散策していたら急にポツポツと雨が降って来ました。

やばい。どっかで雨宿りせねば。

という訳で急遽ワットポーの近くにあるターティエン市場に避難しました。

去年ドゥシット動物園から帰ろうとした時にスコールにあってスマホを水没させてからは常に折りたたみ傘を持ち歩いていたので水浸しにならずには済みました。

折りたたみ傘は絶対に持っていった方が良いです。日傘としても使えますしね。

ターティエン市場に避難したのは良いのですが、雨が一向に止まなかったのでちょっとだけ雨足が弱くなった隙に別の場所に移動することにしました。

その時にたまたま工事中のMRT駅が目に入りました。

明らかにまだ工事している途中ですが、なんとなく入っていいような気がしますよね。

なんか面白そうだな。ワクワクワクワク。

というわけで入ってみることにしました。

スポンサーリンク
ギフト券チャージでもっとお得にお買い物
アマゾンで買い物するならギフト券チャージが断然オトク。 プライム会員なら最大2.5%ポイント還元されます。

駅の構内

まずはエスカレーターを降ります。当然動かないのでちょっと変な感覚です。

床には設計図らしいものが散乱しています。しかし人の気配はありません。

換気もされていないようでちょっと息苦しいです。

湿気と気温も地上と対して変わりません。

王宮風の内装

さらに下に降りて改札口まで来ると目の前の光景に思わず声を漏らしました。

すっげ。

なんかすごいことになってます。

ここは本当に地下鉄の駅の中なのかと本気で疑ってしまいます。

何かの宗教施設っぽいです。

天井から柱に到るまでが王宮のような寺院のようなデザインに仕上がっています。

ここだけみるとどう考えても地下鉄の駅の中とは思えません。寺院です。

シャンデリア。

ここなんか完全に本堂に入る扉です。もしかしたらここから本当に寺院に繋がっているのかも(繋がってません)。

券売機もありました。OSはウィンドウズなんですね。

新品の金属探知機。一体いつまでこれを使うつもりなのか。

さらに下に降りてプラットフォームまで行きました。

今にも電車が到着しそうな雰囲気です。

シャーロックホームズとかアクション映画とかに出て来そうな通路も。

スポンサーリンク

Sanam Chai駅

地下鉄の構内にタイの伝統建築が組み込まれているこの駅はMRT「Sanam Chai駅」です。

この駅がオープンすればバンコク中心地から旧市街・チャイナタウン周辺へのアクセスが格段に楽になります。

しかし調べてみると3年くらい前からこの状態で、一向に工事が進んでないんだとか。

こんなに内装は頑張ったのにオープンするのが遅れてしまうのは勿体無いですね。

オープンしたらちょっとした観光名所になること間違いなしです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は地下鉄の構内にタイの伝統建築が組み込まれたSanam Chai駅を紹介しました。

まだ工事中ですので、多分本当は入ることができません。

私が行った時はたまたまバリケードが無かっただけで、普段は立ち入り禁止エリアなのかもしれません。

しかし、かなり興味深い場所なので、近くに寄ったら入れそうかチェックしてみるのもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました