【タイ・バンコク】ドンムアン空港でsimカードを購入

2018年11月9日

ドンムアン空港に着いていつも真っ先にすることはタイのsimカードを買うことです。

以前はsimフリーの端末ではなかったので街中のWiFiを使うしかありませんでしたが、やはりいつでもどこでもネットが使えるのは便利です。特に道に迷った時なんかはネットが繋がらないと絶望しかありません。

ちなみにsimカードは日本でも買えるので窓口に行くのが面倒な人は前もってアマゾンで購入しておきましょう。値段は現地のものと同じくらいです。

スポンサードサーチ

simカードを購入する場所

ドンムアン空港でsimカードが買える場所はいくつもありますが、最も買いやすいのは入国審査の後の到着ゲートです。

こんな風いくつもの携帯キャリアのブースが並んでいます。Dtac→truemove→AISの順に会社の規模が変わります。オススメはture moveです。

購入する手順は超簡単です。好きなプランを選ぶだけです。

後は店の人が全部設定してくれるので何もすることはありません。大体3分くらいで終わります。終わったら一度端末を再起動してみてしっかりネットに繋がっているのか確認しましょう。たまにネットに繋がってないことがあります。

また、パスポートは必ず必要なので気を付けましょう。

true move

true moveは料金とネットの繋がりやすさのバランスが取れています。低価格だし、ネットもスピードも申し分ありません。Youtubeがサクサク見れます。

ここは僕がいつもsimカードを買うtrue moveのブースです。近くをウロウロすると必ず係員が寄って来てデータ容量のプランを見せてくれます。 様々なプランがあるので自分の旅程と合わせて購入するのが良いでしょう。ちなみは僕は今回の滞在が9日間なので一番上の259バーツで7〜15日まで使えるプランを購入しました。ネットがUnlimited(制限なし)なのが魅力です。

こっちのプランもなかなかリーズナブルで種類が豊富です。右側がデータ通信のみ、左側がデータ+通話simカードの料金です。

AIS

AISもtrue moveと同じくらい安いです。しかしネットの繋がりやすさではtrue moveの方が少し上な気がします。

dtac

dtacはタイ最大のキャリアです。日本でいうドコモみたいなもので一番繋がりやすいとされています。

プラン表の写真を撮っていなかったのですが概ね他の2社と変わりません。

まとめ

調べてみると大体の人は海外旅行の時に日本でポケットWi-Fiをレンタルするみたいなので現地でsimカードを買うという習慣はあまり馴染みのないことかも知れませんが、それほどハードルが高いことではありません。

値段もポケットWi-Fiを日本でレンタルするよりはるかに安く済みます。

simカードを端末に挿すだけなのでポケットWi-FIをいちいち充電して持ち歩く必要もありません。

注意することはsimフリー端末を用意することです。大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の端末はsimロックされているのでそのキャリアのsimカードでしかネットに繋げることが出来ません。

自分が使っている端末がsimフリーかそうでないかは確認しておきましょう。

僕のオススメはプランが豊富なtrue moveですがどこも似たり寄ったりなので一番混んでないブースで購入するというのもありでしょう。

スポンサードサーチ

SIMカードは日本でも買える

simカードはアマゾンでも買えます。値段もほとんど変わらないし日本語の説明書も付いているので「いちいち窓口に行くのが面倒」という人は前もって購入しておきましょう。

こっちの二つは7日間データ使い放題。

こっちは15日間データ6GBまで無制限+音声通話プランです(ちょっと高め)。

↓ここをポチッとすると良いことがあります↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ