Kindleなら本も漫画も読み放題【30日間無料体験】
アマゾンのクーポン 古本屋「ココネ書房」

ノンタブリーのフクロウ市場。ローカル気分を味わうならおすすめ。

ナイトマーケット

バンコク観光で絶対外せないものはナイトマーケット

バンコクにはいくつか有名なナイトマーケットがあり、どこもそれぞれ特色があって面白いのですが、若干観光地化されているのが玉に瑕(キズ)です。

そこで今回紹介するのが観光客が99%訪れない超ローカルな巨大ナイトマーケット「Owl Night Market(フクロウ市場)」。

バンコクのお隣ノンタブリー県にあり、MRTパープルラインでアクセスも比較的楽なのですが、どの観光ガイドブックにも載っていない完全ローカルな夜市です。

バンコクのナイトマーケットには飽きてしまった、という玄人にはぜひともおすすめ。

スポンサーリンク

フクロウ市場の地図

フクロウ市場は全体としてこんな感じ。

「Owl Market」とある場所が一番のメインでここに食べ物屋台が集中しています。

ここは屋根もあって雨が降っても問題なし。

その外側を囲むようにレストランやバーが並び、さらにその外側を服や雑貨やおもちゃなどを売っている露店が並んでいます。

owl market中心の屋台群。

バーやレストランなど。

雑貨などの露店。

こっちは完全に外なので雨が降ると営業が中断します。

タイはいきなり土砂降りになるので(スコール)、自分でも折りたたみ傘を準備しておきましょう。

スポンサーリンク

メインの屋台

メインの「Owl Market」には食べ物屋台が軒を連ねています。

屋台の数は100もないので15分くらいで全て見て回れます。

屋台で買った食べ物を食べるためのテーブルもちゃんとありました。

これは嬉しい。

バンコクのナイトマーケットは屋台はたくさんあっても座って食べる場所がないことが多いのでありがたいです。

これもローカルならでは。

マリオ!!

屋台の種類などは基本的にどこのナイトマーケットとも変わりません。

むしろタラードロッドファイラチャダーの方が種類は豊富です。

【写真100枚】「鉄道市場ラチャダー」のおすすめグルメやお土産を紹介
ラチャダー電車市場の魅力・おすすめグルメ・インスタ映え写真スポット・アクセス方法・営業時間・定休日などについて徹底解説。

私の大好物ケバブ。

野方にあるインドカレー屋「K2」のケバブが大好物です。

【中野区野方】ケバブとインドカレーを食べたいならK2(ケーツー)
ケバブ 私はケバブがとても好きです。 2日に一度は食べれるくらいに好きです。 タイに行ってもベトナムに行ってもケバ...

常温寿司は定番ですね。お腹を壊す覚悟がある人は試してみてください。

タイカレー。全部からそう。

ドリンクや

スムージーなど

ナムソム(みかんのスムージー)

色々な種類のフロート。

美味しかった。

ただしここはローカルマーケットなのでバンコク中心部よりも全体的に10バーツほど安い印象。

川魚の塩焼きなどは普通200バーツ以上しますが、ここは140バーツ(500円くらい)。

これはかなり安いです。

こんなに大きな鳥の照り焼きもたった65バーツ(230円くらい)。

ローカルならではの食べ物も

基本的にバンコクのナイトマーケットでも売っているようなものばかりですが、初めて見る食べ物もありました。

健康板のような謎の食べ物。

created by Rinker
Winterbell
¥2,900 (2019/10/17 06:42:32時点 Amazon調べ-詳細)

そっくりです。

どうやら小さいカステラのようです。

アマゾンで探したらありました。

【並行輸入】CucinaPro Bubble Waffler, Black ワッフルメーカー
CucinaPro

ワッフルなんですね(カステラとの違いがわからない)。

これは孵化寸前のアヒルの卵で出来たゆで卵「バロット」。

フィリピンではよく食べられていますがタイで見るのは初めて。

滋養強壮に良い食品として知られているそうなので夜のおともにいいかもしれませんね。

普通にマカとかでも良いでしょう。

スポンサーリンク

199バーツのムーカタ

フクロウ市場にはムーガタのレストランがたくさんあるのですが、驚くことに1キロあたり199バーツ

これはめちゃくちゃ安いです。

ちなみにムーガタとはしゃぶしゃぶと焼肉を同時に楽しめるという夢のようなタイの料理(食べ方?)です。

ご覧のように中心部分の鉄板で肉を焼き、周りを囲む部分でしゃぶしゃぶします。

私はムーガタに目がなくて一人でも全然イケるのですが、この時はお腹を壊して薬を飲んだばかりだったのでハンカチを食いしばりながら我慢しました。

バンコクの屋台で一人前149バーツのタイ式焼肉「ムーガタ」を堪能
今回のタイ滞在最終日にホワイクワンナイトマーケットに行って来たのですが、帰り道にタイ式焼肉「ムーガタ」の屋台を見つけまし...

バンコク中心部だとBTSサパーンクワイ駅徒歩10分くらいのMaxGrillがおすすめです。

279バーツでタイ式焼肉「ムーカタ」食べ放題のお店「Max Grill」
たった279バーツでタイ式焼肉「ムーカタ」食べ放題のお店を紹介。バンコクに来たらぜひおすすめしたいお店です。
スポンサーリンク

回転ヌードルのお店

タイのローカルマーケットに行くと必ず1つは「???」と首を傾げてします光景に遭遇します。

ここの屋外レストランはテーブルの上でお皿が回っています。

しかしどう見ても寿司ではありません。

回っているのはタイヌードルの具材です。

店員に話を聞いたところ、ここは回転寿司ならぬ回転ヌードルだそう。

最初にスープの種類(トムヤムクン、イェンダフォーなど)を注文して、自分が食べたい具材を取って食べるんだそう。

かなり独創的です(というか回転する必要はあるのか)。

タイヌードルと言えば、タイ風わんこそばが食べられるお店が戦勝記念塔駅(victory monument)近くにありました。

ここも美味しいのでおすすめです。

一杯14バーツのタイ風わんこそば「Pranakorn(プラナコン) Boat Noodle」再訪
8月にタイ人の友人が連れて行ってくれたタイ風わんこそばが食べられるレストラン「Pranakorn(プラナコン) Boat...
スポンサーリンク

バーなど

バーも5、6店舗営業していました。

ガンガン音楽がかかっていたところもあれば、ミュージシャンがギターの弾き語りをしているバーも。

ただ、基本的に地元のタイの若者しかいないので、観光客がここで一人で飲みに来るのはかなりハードルが高いです。

値段は現地価格なのでかなり安い。もし誰か行きたい人がいれば誘ってください。

スポンサーリンク

服・古着・靴

バーやレストランのさらに外側には服や靴下や雑貨などを売る露店が多数並んでいます。

ローカルだけあって値段もかなり安い。

靴下は確か6足で100バーツでした。

Tシャツが65バーツ。これは激安。

バンコクのナイトマーケットなら最安でも100バーツ。

変な日本語Tシャツも初めて見るバリエーションが多数ありました。

日本語であればなんでもいいみたいです。

タイで見つけた変な(面白い)日本語Tシャツその1〜随時更新〜
この記事ではタイで見つけた変な日本語がプリントされたTシャツを随時公開していきます。 私は...

安いですがどう考えても地元のタイ人向け。

観光客が着てたらびっくりです。

やはりお客さんも地元のヤングがほぼ8割を占めます。

一応デザインTシャツなども売っていますが、そこまで魅力的ではありません。

1枚20バーツ(3枚で50バーツ)。

これは新品ではなく中古(ユーズド)なのでご注意を。

スポンサーリンク

雑貨・おもちゃなど

雑貨やおもちゃを売っている露店も多くありました。

ただしどれもこれも地元の人向けという印象が強め。

観光客のお土産には向きません。

タイの駄菓子はおもしそうですね。

子ども用のおもちゃがかなり多いです。

ガーデニングなど。

スポンサーリンク

ペット・熱帯魚

熱帯魚を売っているお店もちらほら。

もはや熱帯魚のお店です。

毎回どうやってこれを設営するのか気になります。

ペットショップもあるという情報だったのですが、今回は見つけることができませんでした(マーケットが広すぎます)。

スポンサーリンク

機械の部品(ガラクタ?)

フクロウ市場の一番外側ではどっかからやってきた人たちが、(おそらく勝手に)機械の部品っぽいものを売っています。

観光客が買うことはありませんが、見ていて結構楽しいです。

バイクのマフラーやらキャブレターやらシートやら。

一体誰が買うんでしょうか。

足元にあるこれは送風機

初めて見るタイプです。ちゃんと風が出ててちょっと感動しました。

これは1つ10バーツらしいのですが、どう考えても拾ってきたものにしか見えません。

プレイステーションのコントローラーって、懐かしすぎる。

今はもうワイヤレスなのに。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,500 (2019/10/17 18:08:34時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

その他

屋台の横では生バンドによる演奏も。

みんなテキーラを飲んでそうな出で立ち。

created by Rinker
Cuervo(クエルボ)
¥1,696 (2019/10/17 10:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

なんと屋外にタトゥーショップも。

右側の女性は上半身裸で今まさにタトゥーを彫られている模様。

子ども用のトランポリンまでありました。

スポンサーリンク

トイレの場所

トイレは「Owl Market」の北側にあります。

駐車場に入る道路の向こう側にあるので車に気をつけましょう。

ちなみにトイレは有料制で3バーツかかります。

スポンサーリンク

まとめ

今回はノンタブリー県にある完全ローカルな巨大ナイトマーケット「Owl Nightmarket(フクロウ市場)」を紹介しました。

とにかく広くて露店の数が多いので、全てを見て回るのはかなり疲れてしまいます。

なので周辺の露店をぶらぶら散歩しつつ、メインの屋台エリアやムーガタレストランでご飯を食べるのが一番良い楽しみ方だと思います。

ただし、個人的には観光客がわざわざこのナイトマーケットに来る必要があるのかは疑問です。

確かに値段はローカル価格で、食べ物や飲み物も美味しいのですが、そのほかにこれといった魅力がありません。

しかもバンコク中心部からとても遠い(後ほど説明)。

スクンビットエリアからだと1時間はかかりますし、電車代もそれなりにかかります。

ハッキリ言って、わざわざそんなに時間をかけて来るほど魅力があるとは思えません。

もしバンコクのナイトマーケットに飽きてしまい、もっとローカルな雰囲気を味わえる場所を探しているのならおすすめですが、普通の旅行者が来る必要なないかな、というのが個人的な意見です。

長期滞在ならまだしも、数日間の旅行ならここではなくもっとバンコク中心部のナイトマーケットに行きましょう(最後に紹介)。

スポンサーリンク

フクロウ市場への行き方

フクロウ市場はパープルラインの「Yaek Nonthaburi 1」駅から歩いてすぐです。

スクンビットエリアからBTSに乗って行く場合は有名なチャトチャックウィークエンドマーケットが近くにあるBTSモーチット駅MRTチャトチャックパーク駅に乗り換えます。

そしてMRTチャトチャックパークからブルーラインの終着駅タオプーン市場へ移動し、そこでパープルラインに乗り換えます。

チャトチャックパーク(Chatuchak Park)からTao Poonへ。

タオプーンはパープルラインの始発駅なので来た電車に乗ればいいだけです。

パープルライン。

タオプーンから8番目の駅が「Yaek Nonthaburi 1」です。

電車を2回乗り換える以外はそれほど複雑ではありません。

駅から降りると遠くの方にナイトマーケットが見えます。

2と3の出口から出てナイトマーケット方向に歩いて行けばすぐです。

スポンサーリンク

他のおすすめナイトマーケット

わざわざノンタブリーに来るくらいならまずはバンコク市内のナイトマーケットから巡りましょう。

バンコク市内には観光客におすすめのナイトマーケットが5つほどありますが、うまく公共交通機関を使えば1日に3つくらいは回れます。

鉄道市場ラチャダー

【写真100枚】「鉄道市場ラチャダー」のおすすめグルメやお土産を紹介
ラチャダー電車市場の魅力・おすすめグルメ・インスタ映え写真スポット・アクセス方法・営業時間・定休日などについて徹底解説。

鉄道市場ラチャダー(タラードロッドファイ・ラチャダー)は今バンコク市内で一番人気のナイトマーケット。

週末の夜は超絶混み合っていますが、屋台の数や活気などはバンコク随一。

バンコクで1番おすすめです。

インスタ映えするフォトジェニックな写真が撮れる㊙︎スポットはこちらの記事で紹介しています。

タラートネオン

バンコクの新しいナイトマーケット「タラートネオン」でゆっくり買い物
この記事ではバンコクに出来た新しいナイトマーケット「タラートネオン」の見どころや写真スポット、おすす...

タラートネオンは数年前に出来たばかりの比較的新しいナイトマーケット。

2016年に出来たばかりのかなり新しいナイトマーケットで観光客というよりは地元の若者たちで賑わっている印象です。

ゆっくり買い物をしたい方はここがおすすめです。

シーナカリンナイトマーケット

【タラートロッドファイ・シーナカリン攻略】エリア別見所・行き方も紹介
タラートロッドファイ(電車市場)と言えばラチャダーのナイトマーケットが有名です。 ここは近くにある駐車場の屋上...

シーナカリンナイトマーケットは鉄道市場の元祖とも言えるローカルなナイトマーケット。

ラチャダーができる前は鉄道市場と言えばこの場所でした。

ただしアクセスが少し面倒なので今ではほとんど地元民しか訪れなくなってしまいました。

観光客向けのお土産などは少なめですが、屋台の種類が豊富なのと安さが魅力のマーケットです。

シーナカリン・ナイトマーケット(シーコンスクエア)への行き方・帰り方を解説
この記事ではバンコク中心部からシーナカリンナイトマーケット(タラートロッドファイ・シーナカリン)とシ...

コメント

本と漫画が読み放題のkindleunlimitedが初回30日間無料

本も漫画も読み放題のkindleunlimited。

タブレットでもスマホでも読めます。

タイのガイドブックも無料で読めるものがたくさん。

今なら初回30日間無料キャンペーンやってます。

タイトルとURLをコピーしました